海鮮お好み焼き

昨日のチョコレートパフェに引き続き糖質制限ってなんだっけ?ってメニューだが、異世界食堂のメニュー順だとお好み焼きだったから仕方ない。

なお、本当に順番通りに作ると本来はクリームコロッケだったのだが、ここのところずっと揚げ物が続いているので却下した。


小説には豚たまとシーフードが紹介されている。
それに従い私もツレにどちらにするか聞いたところ、シーフードと返ってきたので、今晩は海鮮お好み焼きとなった。



お好み焼きセットと、キャベツとブラックタイガースルメイカの輪切りを購入。
まあ冷凍のシーフードミックスでもいいのだろうが、やはり生からのエビやイカのプリッとした食感に勝るものはないだろう。冷凍だと柔らかいというか、あまり噛みごたえがない。
それと、生からの方がうまみがあっておいしい。冷凍だと、風味というか香りが少し落ちる。

一応異世界食堂を模してツレに飯を出すわけだから、そのへんはちょっと妥協するのには躊躇われた。
ミックスの方が手軽だし安いんだけどね。
でも、あの生からのプリッ!とした食感とじゅわっと広がる風味を思うと、やはり多少高かろうが手間がかかろうが、生エビ生イカを買おうという気になってしまう。
妥協して後悔するのは嫌いなんだ。
しかもミックスと生の違いがある程度分かるだけに、尚更。


家に帰ったら、下準備だ。
エビの背わたを取り、水洗いして塩コショウ。イカは一口サイズにカット。
それからキャベツをざく切りにして、ツレからの帰宅の連絡を待つ。

ツレ帰宅後、粉と水と卵を混ぜ、キャベツと海鮮と天かすを混ぜて、フライパンで焼く。
でかく作るとひっくり返せなくなるので、小さめのやつを2つ作る。
いい色に焼けたらたっぷりお好みソースとマヨネーズをかけて、青のりとかつお節をかける。



実食。


当のツレは「フツーに食える」って感じの反応だったが、私としては良くできたと思う。
やっぱりエビとイカがプリッ!でジュワ!なのが分かってるので、より美味しく感じるのだろう。
ツレはあまり海鮮お好み焼きを食べたことがないので、海鮮お好み焼きとはこういうものだと思っているのだと思うが、私は冷凍シーフードミックスの味や食感を知っているので、それと比較するとやはり美味しく感じるのだ。

次は豚たまでって言われたので、またそのうち作ろうと思う。
でも海鮮お好み焼きもなかなかよかったぞ。



しかし明日豚たまをやるわけにはいかない。




明日は……


ビフテキなのである。








甦るトラウマ。

肉がおいしくなければタレもおいしくないというあのかつての悲劇。


私は明日、克服するぞ………。

そのために今日から既にステーキ肉にすりおろし玉ねぎをまぶして寝かせてある。
下ごしらえはばっちりだ。


手順を守ってやれば、おいしくできるはずだ。

頑張れ、俺。

バベルの塔

別に大したことではないのだが。

バベルの塔、ってあるじゃん。
天に届く塔を建てよう、っていう。
人間による神への反抗、と一般には言われている。

今手元には文語約聖書しかないんでちょい漢字とか平仮名とかの変換を交えながら写すけども、
「いざ邑(まち)と塔とを建て其の塔の頂を天にいたらしめん斯くして我等名を揚げて全地の表面(おもて)に散ることを免れんと」創世記11:4
である。

名を上げて、散り散りになることを避けようぜ、ってとこか?
なんでそういう発想になるかは分からんが、活動拠点を持って繁栄しようぜってことなのかな。
でも誰に対して名を上げるというのか?この時人間は皆同じ言語を使っていたというぞ。
……とくれば、やはり神に対して、だろうか。

これである程度得心がいく。
人間は散らされて弱い存在になるのが怖かった。
ゆえに、ひとところに集まった。
そして神にその力を見せつけることで、「やい、人間はこんなに強いんだぞ」と威嚇して、なんとかその支配を逃れようとしたのではないだろうか。


まああくまで私の解釈なので、真実は分からん。




ところで。

この塔を建てる動機が、「神に会いたい」という思慕の念によるものだったら、どうだったのだろう。

もちろん神ご自身が人間の傍らにましますることも、雲の柱や火の柱や燃える芝となって会いに来られるだろうことは容易に予想がつくのだが。

そうではなくて、
神はこの「あなたに会いたい」という人間の思慕の念を果たして無下にされるのだろうか?というところが気になる。



私が聖書を読んで知っている限り、それはないんじゃないかと思うのだ。

神様はご自身を慕い求める者に絶大な愛をお示しになる(もちろん神を拒む者であっても、見捨てず愛されはするぞ。えこひいきはない)。

ゆえに、バベルの塔を建てる動機が神を慕うものであるとするならば、言葉を乱し全地に散らすなんてことはされなかったんじゃなかろうか。


ただ、神を慕うその方法が間違っている場合は、神ご自身が「私を慕うならそうではなくてこうしなさい」っていう『正しい慕い方』を教えてくれるからな。
当時で言えば、祭壇に生け贄を捧げるとか。

人間でもあることだと思うのだ。
恋人が好きで好きで仕方なくて、5分置きにメールするのが正しい慕い方かという話だ。
それで恋人が困るなら、「メールはちょっと控えてほしい。代わりに来週土曜会おうよ」って言ってくれるだろう。
ただ、それにしたって5分置きにメールをくれるほどの好意は否定していないと思う。



そこまで考えると、やはりあのバベルの塔は好意でない思いを持って建てられたものなのだろうなと改めて思う。

神はきっと、「人間はホントしょーもないな」と思っただろう。その直前に洪水で痛い目を見てもなおこれか、みたいな。
ノア一族しか居なかった頃から随分経って、その間何度も全地を滅ぼすような大洪水を起こさないという約束の虹を見続けてきて、また洪水の話を聞き続けてきて、それでもなおこれか!!みたいな。
これは激おこになっても仕方がない。

それでも神は人間を見放さない。
いや、多分見放せないのだろう。
なぜなら神は愛だから。
愛する者を見放すなんてことはできないものだ。
それは我々人間にも分かることだ。
何度恋人の欠点にあきれても、文句を言いながらも相手を嫌いにはなれない。その感覚が近いだろう。もちろん程度には大いに差があるのだが。



そんなことを思う。

──なんかテレビでバベルの塔について触れていたので、少しそんなことを考えてしまった。



☆その後、「ノアの洪水で淡水魚は無事だったのかなー」なんてことを思いながらネットサーフィンしていたら、ノアの洪水時の降水量についての考察を目にした。
チョモランマ(5000メートル級)が40日で埋まる。
ふむ。
そのことをツレに話したら、

ツレ
「仮にチョモランマを計算しやすいように4000メートルとして、また山の体積諸々を考えないこととして、参考数値として水位が40日で4000メートル上がるとすると、

1日の降水量は100メートル。
時間雨量は24で割って……だけど、概算で25で割って4メートル。
もっと分かりやすくしようか。
1分に降る雨量は、60で割って66ミリ。
秒間だとさらに60で割って1ミリ。
つまり1mm/秒の雨が降ってたってことですね。
滝行かよ」

滝行www
なるほど滝行だな。

漫画聖書物語はざあざあ雨的な書かれ方してるけど、これを考えるとゲリラ豪雨なんて可愛く思える雨だったと思われる。


ツレはこういうところに気付くから面白い。
しかも気付く速度も、気付いてから思考する速度も速い。文字では伝わりにくいが、チョモランマの話をして間髪入れずに上記のセリフがすらすらっと返ってくるのである。
ツレは大変賢い男だ。
それはツレの凄まじい学歴が物語っている。
どことは言わないが、Sランクの旧帝大を現役合格しているのである。
私には雲の上の人だ。

そんなツレが私と10年以上連れ添ってくれているのである。
なんでだ。私はキングオブパンピーだぞ。
もっと賢くてかっこいい、ツレに相応しい相手がいただろうに。
改めて考えると、謎だよなあ。
どう考えても私ではツレには釣り合わない。

神々の遊びってやつなのか……

チョコレートパフェ

□今日の掃除
お休み



チョコレートパフェ、作ってみた。
ツレと一緒にだ!!

ふふふ。
なんだかちょっと嬉しい。


底にチョコムースを。
その上にはコーヒーゼリー
さらに上にはホイップクリーム。
てっぺんにはチョコアイスとトッピングにダイスカットアーモンドだ。



私はチョコムースを。

ツレはホイップクリームを。

アイスとゼリーは市販品を使用した。
さすがにそこまでは作れない。
というかお菓子作りが壊滅的に下手なので、作りたくなかった。



チョコムースは、豆乳にマシュマロを溶かして、余熱でチョコを溶かして容器に入れるだけの簡単なものだ。
それでも濃厚で美味しい。
私は甘いのが若干苦味なので、使ったチョコはカカオ86%の苦いやつだ。
マシュマロが甘いので、これくらいが丁度いい。


一方ツレは、ヤル気満々で生クリームをホイップしてくれた。
うちには電動ミキサーなんてものはないので、手動である。泡立て器でひたすらしゃかしゃかするのである。
あれよあれよという間に、生クリームが固くなってくる。すんごいなツレよ。
ちょっと休憩しているツレに「代わろうか?」と聞いたら、一瞬泡立て器を渡されたけど、すぐ奪還された。
多分ツレは、こういう作業が好きだ。
なんか見てて楽しそうだ。

8分ほど立ててもらったところに、砂糖を投入。
こっからが本番である。
砂糖ぶちこんだ後の泡のたたなさは既に経験済みだ。卵白で。死ぬかと思ったよあの時は。あの日も熱い夏だったな。そういえば。


ツレに頑張ってもらっている間に、私は固まったムースの上にコーヒーゼリーを乗せ、アイスを取り出して少しずつ解凍する。

そこにツレがピンと立つまで仕上げてくれたホイップクリームをふんわり乗せる。

あとはハーゲンダッツをくりぬいて、上に乗っけてアーモンドを振りかけ、完成。




ツレと一緒にいただきますである。

至福。ホウ……。




今回私は初めて知ったのだが、チョコレートとコーヒーゼリーの相性がもうもんのすごい良い。

超、合う。
知らなかった。
こんなに相互作用で味が引き立つなんて。
どちらもお互いの邪魔をせず、そのうまさだけを大いに跳ね上げてくれる。

さらに、生クリームとの相性も抜群だ。
もうね、チョコアイスとクリームとコーヒーゼリー、それからクリームとコーヒーゼリーとチョコムースを同時に食った時のハーモニーといったら。


絶品でした。

これはもう、文句なしで美味しかった。



色味も美しいし、最高でした。



ツレはもともと甘党だが、やはり自分で作ったということもあるのか、本当に美味しいと感じてくれているのか、マジで「至福~~~」というか、「あぁ~~うまぁ~~」という顔をしていた。

分かる。
めっちゃ分かる。

甘党でない私がうまいと思うのだもの。
そりゃあ甘党にとっちゃたまらんだろう。



というわけで、一瞬糖質制限を解除してチョコパフェ食ってみましたが、すごいね。自宅で作っただけのことはあったね。絶対お店や市販のには敵わないと思ってたけど、これは本当にいける。
美味しい。



ツレよ。

幸せなひとときを、ありがとうな。

私が死ぬまでに、こんな素敵な思い出を一緒に作ってくれてありがとう。
事故による即死でもない限り、きっと病院のベッドの上で私はこの二人で作ったチョコレートパフェのことを思い出すのだろう。
そして、幸せな気持ちを噛み締めるのだろう。



感謝。






──いやまだ死ぬ予定はないんだけどね。

でも、いつ死ぬかなんて分からないから。
脳とか心臓とか、意図せん時に血管切れるっていうじゃん。
その時に、俺は後悔したくないんだよ。
ツレに申し訳ないって思いを抱えたまま死にたくはないんだ。

メンチカツ再び

今日……じゃないな、日付変わったから昨日か。

昨日はツレが重超勤だった。
それが分かっていたので、夕飯はツレが食いたいものを作ろうと思っていた。
そこで、一昨日の夜事前にリサーチをかけておいたのだ。



「何でも作るよ。食いたいもんある?」

ツレ
「うーん……」


ま、悩むよな。
私も「何食べたい?」って聞かれるのは苦手だ。
心底「なんでもいい」って思う。つーか、出てきたものを食う。
ただしたくあんは許さない。
私は食えないものはあまりないが、たくあんだけはだめだ。あと酒粕。この2つは食べ物と認めない。

──話を戻そう。
ツレが迷っている。
こういう時は質問を選択制にすればいい。



「牛肉、豚肉、鶏肉、ミンチ肉。どれがいい?」

ツレ
「ミンチ」


即答かよ。
なんで素材段階の好みを聞かれて即答できるんだこの男は。
決断速度の緩急とツレの謎のこだわりにおらわくわくしてきたぞ!



「ミンチね。ならタコライス、ハンバーグ、メンチカツのうちどれにします?」

ツレ
「メンチカツ。……と言いたいとこだけど、ほんとに明日は遅くなるからなぁ。やっぱハンバーグで」


「ん?メンチカツじゃなくていいの?」

ツレ
「遅くから揚げ物は大変でしょ。負担にならないほうでお願いします」


「揚げる時間を待ってもらえるなら、普通にメンチカツ作れるよ」

ツレ
「ならメンチカツで!」



──そして昨日。というか二時間前。
7つ作ったメンチカツを、ツレは5つ平らげた。

夕飯に2つずつ食べて、残りの肉だねをどうしようか迷っていたのだ。今揚げて明日の朝食うか、明日の朝揚げて揚げたてを食うか。
そしたらツレが夜食に下さいというので、ならばと7つ全部を揚げたら、一瞬でなくなっていた。



いやあ…………


嬉しいねえ。

テレテレ。




がっついてるツレを見てると、嬉しくなる。

またうまいもん作ってあげたいなあ、なんて。
これがあるから、料理はいいんだよなぁ。



あと、近いうちにチョコパフェ作ろうと思います。
料理の腕、頑張ってあげていきます!

不品行ってなんだろう

□今日の掃除
廊下の掃き掃除と冷蔵庫の食材整理


※水汲み道中でわけわからんこと書いてます、スルー推奨。
※セックスセックス連呼してるので、運営さんからお叱り受けるかも。


クリスチャン、殊にクリスチャンホームで育ったクリスチャンが嫌がる話題として、セックスの話がある。

まあ婚前性交渉なんて言葉が死語になってるようなご時世だから、多くの教会で教えられるであろう「セックス他イヤラシイことは、するのはもちろん口にするのも不品行!」的な価値観に小さい頃から慣れ親しんでいるクリスチャンホームの子は、「世は罪で溢れてるんだ!自分は染まらないように気を付けなくちゃ!」って息巻いてると思う。
そしてそんな自分を誇らしく思ってると思う。



私が不勉強なのだろうか。

いったい聖書のどこに「セックスは悪・罪」なんて書いてあるのだろう?



創世記、ちゃんと読んでるのかな?

「生めよ、増えよ、地を満たせ」という神のお達しは、セックスしなきゃ実現できんだろ?
つまり神は、セックスありきで人間を、……というよりほぼすべての生き物を創造してるということだ。

ゆえに。
セックスが罪なわけないだろ。
神を罪人扱いする気か。



酒は百薬の長というが、過ぎたるは毒だ。
セックスも、もとは愛を深めるのにとてもよいものだが、快楽の要素が強いので使い方を誤りがちだという話だ。
そして誤った使い方をすると、浮気だの不倫だの性病だの望まぬ妊娠だのといった問題にぶち当たるわけだ。

……まあセックスをしたことがない私が言っても、説得力がないのだが。





そうとも。

私はツレとしたことがない。

したいけど、できない。
これはもう、仕方のないことだ。



それでも私は一人遊びでセックスの気持ちよさを疑似体験しているから、これが愛する二人で行われたのならさぞかし麗しい、喜びに包まれた交わりとなるのだろうな、というのは想像できる。


私が時折エロを描くのは、煩悩ももちろんあるが、セックスほど愛を深く感じ、また相手自身を感じ、一体となる喜びを味わえるものはないだろうな……という、私の憧れも強く滲み出ている。

バーナードやビクターはヤンチャをするが。
大丈夫。後々、「ああ、そういや憧れがどうとか言ってたな」っていう描写が出てきますから。



オーガは性欲が強い分、相手を求める気持ちも相手に求められたい気持ちも強い。
だからもう、どっぷり愛し合ってくれるのである。
これがもう本当に好きだ。
描いててたまらない。

ウォルターもハワードも、
相手が好きで好きで堪らない。
もっと相手が欲しいし、自分を与えたい。
自分が気持ちいい時に、相手も同じように感じてくれているという感動。
そして訪れる、「ああ、今、私とこいつは1つになっている」という、自分と相手が融合したような一体感。自分の中に相手が入り込んできて、また同様に自分も相手の中に入り込むのだ。この感じ、伝わるだろうか。
聖書的に言うなら、「これこそ私の骨の骨、肉の肉」である。


想像するだけで気持ちよくなれるな。うん。


バーナードなんかはそれが支配欲として表出するが、求め、求められたい気持ちは変わらない。
ただ、真の意味で相手と愛し合うことはできないんだけどね。職業柄。それがバーナードのチャラさにも現れている。


まあとにかくウォルハワに関しては全力で濃い愛し方をしてくれるので、とてもいいです。
そしてそれにはセックスが欠かせない。
こんなにもディープに求めあう行為は、セックス以外にないと思うぞ俺は。
そんで、ディープだからこそ相手も選ぶものだと思う。





なんか思い付くままに色々書いたが、結局言いたいのは、

・セックスは本来究極の愛情表現であること

・私はそういう価値観に基づいて漫画を描く

ということだ。
見る人によってはエロ成分が足りないかもしれないが、その場合は許してほしい。





……でもさあ。

人と人が気持ちよく溶け合うのって、なんとも官能的じゃない?そう感じるの、俺だけかなぁ。。。

グラブル話

□今日の掃除
風呂場の掃除と風呂マットの漂白



しょーーーもないことだが書かせてくれ。

グランブルーファンタジーというゲームがある。
私はそれをやっている。
ツレも実はやっている。
今は絶賛タコ狩り中だ。


ゲームなので、課金ガチャがある。
課金ガチャからは強いキャラや武器が出てくる。
ツレはガンガン課金しているようだが、私は無課金組なので無料キャンペーンでもしていなければ引くことはなかった。



が!!!




ガチャラインナップに、水着ガンダゴウザがいたのである。


ガンダゴウザとは、筋肉ゴリゴリのじいさんである。
ガハハって笑う。
角生えてる。
禿げてるけど長い髭生えてる。


こう………



良いんだ。





でもSR。

ぶっちゃけSSRじゃないと戦力にならない。



でも、でも……

ちょっとだけエピソードを見せてくれる運営にまんまと乗せられた私は、見てしまったのだ。

水着ガンダゴウザのぶっ飛びっぷりを。

やばい面白い。
このじーさん面白すぎる。
続きが見たい。
でもそれを見るには、レアガチャで水着ガンダゴウザを引き当てる必要がある。


ただでさえSRは確率が低い上に、水着ガンダゴウザ一点狙いとか。

無謀にも程がある。





私は悩んだ。

悩んで悩んで………



これまで貯めてきた星晶石(ガチャのもと)17000個を切ることにした。


いやあもう、
すごい勢いで

「あっ、お呼びでないんで(^o^)」

な人々の数々。




Rキャラばかりである。
その度に「逝ってよし(^o^)」と呪詛を吐きながらガチャを回し続ける私。


そうして17000個あった星晶石が5000個まで減ったとき、






ついに来た……!!!



水着ガンダゴウザである!!!!

f:id:azitukesea:20170818180752p:plain

もう嬉しくてマイページの看板にした。

もちろんその場でフル上限解放した。



なお、上限解放するとポーズが変わるのだが……

もっとセクシーになるのかな?とわくわくしていたら、

f:id:azitukesea:20170818181130p:plain


なんかおっさんが増えた。





いいんだけど。

いいんだけど………。



ガンダゴウザメインかと思ってたよ。

いや、いいんだけど。
筋肉のおっさんの裸体好きだし。


いいんだけど。

うん、いいんだけど……。






うん。



でも水着ガンダゴウザばんざーい!!!ヽ(^○^)ノ

まさか引けるとは思わなかったよ。

落書きが楽しい

□今日の掃除
トイレ掃除と、着てない服の処分


今、落書きが楽しくて仕方ない。
多分、先代鬼王編4話を描き終えた反動だ。

なにがって、
漫画を描くのは結構力を使うのだ。
下手をすれば、

「ああ……ネーム作んねーとな……」

ってなる。
趣味でやってんのに、まるで仕事みたいだ。



プロットはできてる。
というか、もうとっくに先代鬼王編は6話全部終わって、次(共闘編)の次(半鬼編)の次(ハワード戦編)くらいまで話はできてる。

漫画にできない。

パソコンが熱いというのもあるが、
いいネームが浮かばなかったり煩悩に襲われたり、まあ色々あってな……。


その分落書きなんてのは、ほんとに気楽に描けるし完成させなくていいからな。
この楽さがいい。

もちろん落書きでは明確な目的を持たないとなかなか成長は見込めないが、それでもこういう息抜きは精神的な癒しになる。




も、もちろん!

漫画が楽しくないわけじゃないぞ!!

じゃなかったらプロットなんて最初から作らないからな。


ただ、漫画は「ちゃんとした作品として完成させたい」という思いがあるから、どうしても力を使ってしまう。




だらけてんなぁと思いつつ、今週は落書きばっかしてます。

また近いうちに復帰しますので、5話もよろしければ見てやってね!