アジのたたき

スーパーに新鮮な魚が並んでいたので、買ってきてみた。


アジのたたきである。




私は寿司といえばアジというくらいアジが好きだ。
刺身も言わずもがな。
個人的には寿司のアジに乗ってるネギだショウガだの薬味は邪魔だと思っている。



それで、夕飯にそのアジのたたきと、あとはポテトサラダとレタス山盛りと卵を出してみた。
あとは豚汁。



しばらく何も言わずに食っていたツレだったが、



「アジのたたきがめちゃうまい」

「あっという間に食べ尽くしちゃって、気付いたらもうなかった。ちょっと寂しい(´・ω・`)」




想定外の高評価をいただいた。







ツレは寿司はサーモン派なんだけど。

アジに目覚めたか!?

このアジのうまさが分かってもらえて私はテンション上がってるよ!!





次は倍量買ってこようかな。

減った

実に17日ぶりになるけど、体重を計ってみた。

74.4→73.6




おおお。
減っとるやんけ。


でもなんかこう、手放しでは喜べない。

実は水分が減っただけとか?
あんだけ中途半端立ちコロ頑張ったのにまさか筋肉減ったんか?


とか色々考えちゃうもんだから。






そこでウエスト計測ですよ!

これも食前食後じゃ変わってくるだろうけど、一応食前に。




77→76





おおお。
減っとるやんけ。

でもなあ、ズボンはまだまだ肉乗ってて……
正直、そんなに減った気がしないんだよね。
いや、でも筋肉が減る要素はなかったはずだ。ずっとコロコロしてたし、プロテインは飲んでるし。



まあ、ズボンのウエストが73cmであることを考えると、3cmオーバーであることには違いないからな。3cm分、まだ乗っちゃってるんだろう。

でもなー

でもさー


明らかに、1週間ランした後の1cm減の方が、乗ってる肉の量が減ってたんだよね。同じ1cm減なのに今回はそこまで引き締まってないんだよー。




ナニが減ったんだ……。怖いよう。







また来週計測します。

立ちコロとディップスという目標もできたことだし、腐らずに続けますわー。

きちゃった

とりあえず昨日宣言した通り、中途半端立ちコロとディップス前傾姿勢にトライした後坂をダッシュしてきた。今日は四本。雨でしばらく走れなくて、久しぶりに走ったからあまり本数増やせなかった。すぐ限界がきてしまう。



で。





中途半端立ちコロ……なんだけどさ。

中途半端とはいえ、やっぱりあれ負荷でかい。
今絶賛筋肉痛になってる。
膝コロなら毎日してても筋肉痛にはならなかったのに。


座ったり立ち上がったり寝転がったりするときに腹にうっかり力を入れると、ビシャーってくる。

この感覚……久しぶりだな。







即日筋肉痛。


まあ、効いてることは間違いないってことで。

よしよし。







ところで、ぷーっと腹に力を入れて、シックスパックのある辺りの外辺あたりをもりもり押すと、

脂肪の内側に、ぷくっと膨れた腹筋を確認できた。




まだ脂肪に覆われてるけど。

なんかもりっとしてる腹筋が隠れんぼしてた。






思わずテンション上がってもりもりもりもり押してしまった(笑)

お前……いつの間にやらそんな立派になって!!
みたいな。



脂肪を落としたらどんな姿を見せてくれるのかな。

楽しみにしながら、また立ちコロに挑みます。
……筋肉痛取れてからね。

新たなるチャレンジ

しばらく目を背けていた、立ちコロ。

腹筋ローラーを、膝をつかずにコロコロすることを立ちコロというんだけど。




膝つかないだけで負荷が爆上がりするのね。





私は一回もできたことがない。

毎日スローで膝コロ10回3セット続けてる私でも、異次元の負荷。



コロコロ始めるだろ?

腕も体もびよーんと伸ばしきるだろ?

そのまま耐えられず膝ついちゃうんだよ。
めちゃくちゃ腹筋にきてるのはよく分かる。


そんなバカなと思って何度もトライしたし、「いや、俺なら死ぬ気でやれば一度くらいは膝つかずに帰ってこれるはずだ」とアッパー思考でチャレンジしてたんだけどね。
まあ、現実は現実と。





それが分かっていたので、俺に立ちコロはまだ無理だと諦めて、ずっと膝コロで腹筋を追い込んできたんだけどさ。



俺より遙かに筋トレを真面目に頑張ってる友人がさ。

己の限界を超えて、レッグプレス130kg、上げたって言うじゃない。





それ聞いて、体を何かエネルギッシュなものが駆け巡っていったわ。

そうだよな。

俺もやるわ。立ちコロ。




明日の筋トレから、立ちコロに移行するための「部分立ちコロ」に変更します。

立ちコロでいけるとこまでいく。途中で膝をつくのはやむなし。戻るときはできるところから膝を床から離す。

今はこれでもいいさ。
完全なる立ちコロができそうな気配がするまで、この中途半端立ちコロ、頑張ってみるよ。




あとね。

俺、胸の内側が貧相なのよ。
腕立て伏せやってるから多少の胸筋はついてるんだけど、たまに胸の内側からあばら骨が覗くのよ。

これがもうすげー嫌。
やだやだ。内側も筋肉が詰まっていたい。
モリモリパンパンな胸になりたい。シャツに綺麗なアーチを描かせたい。



というわけで。

これまた今まで見て見ぬフリをしてきたディップス。





……やります。



恥を忍んで言うけどもね。
俺、ディップスも一回もできたことないの。

前傾姿勢がまず取れないの。




けどもさ、今回立ちコロにチャレンジするって決めたわけじゃない。

ならもうディップスもできるよう、頑張っちゃえよ!っていうね。




立ちコロとディップス、両方挑んでれば、どちらかはいずれ一回くらいできるようになるだろう。

そのどちらかがあればいいんだ。
1つだけ挑んでなかなか成果が出ないと、さすがにアッパーな俺もへこむから。

 




あーそれと余談だけれども。

懸垂ね。
あれもできるときにはチャレンジしてみようと思う。

なにしろ懸垂だけは朝の公園でしかできないものだから。家では無理。掴まる棒がない。でもって朝以外だと子供連れが多いから無理。公園は筋トレ場じゃないからなぁ。
運動強度以上に懸垂できる環境を捕らえる難易度が高すぎて継続が難しい。




ま、こちらは「できれば」。

とりあえず目下立ちコロとディップスが一回でもできることが目標だね。



明日は立ちコロとディップスに挑んでから、坂をダッシュしてきます。







あ、それとそれと。

今日届いたんだよねー、マイプロテイン
それで受け取るときに「やべっ、そういやこれ5kgあんじゃねーか」とちょっと身構えたんだ。
いや、実家の犬が6kgで、だっこし続けるのが微妙にしんどかったもので。つい。それに私はいまだに5kgダンベルに苦手意識があるもんでつい。



ところが。

いざ届いた段ボールを配達員さんから受け取ってみたら








「軽っ」









拍子抜けするくらい軽かった。

もしやこれシェイカーしか入っていないのでは?と訝しむくらいには軽かった。


でもちゃんと5kg分のプロテイン入ってた。
f:id:azitukesea:20180714234910j:plain
表示を疑って体重計に乗せたけど、5.2kgだって言われた。
うちの体重計はポンコツなので、0.2kg刻みで増減しやがる。多分この数字は誤差で、中身はちゃんと5kgなんだろう。



でもでもちょっと待ってほしい。
うちの麻雀牌(3kg)の方が重い気がする。何でだ。

と思って麻雀牌とプロテインを持ち比べてみたら、やはりプロテインの方が重かった。よかった。俺の気のせいだった。






とりあえずびっくりした。

5kgをあんなに軽く感じたのは初めてだ。
犬にせよ米にせよ、5kgといえば少し身構える重さだと思ってたんだけど。



あれか。

鍛えた効果が多少は出てるのか。




うん。

そういうことにしておこう。

コロコロは嫌らしい

ツレが夜になって、運動不足だとうだうだし始めた。今日はツレは休みだったので、昼はよく寝てゲームをして過ごしていたらしい。


ゲーセン行くか?と聞いたら、そういう気分でもないらしい。まあ、災害があった後だし遊ぶ気にもならんか。




そこでいいことを思いついた私は、ツレに勧めた。






「コロコロする?」








コロコロとは!

腹筋ローラーのことである!!




私は最近毎日やってる腹筋ローラーである。

未だに立ちコロはできない。
起き上がれない。でもあれ腹筋には超効くよね。
ぜひともできるようになりたい。
まだ返ってはこれないけど、行きっぱなしで耐えられることをまずは目標にしたいね。








で。

私の話はさておきだ。





コロコロと聞いたツレは、

目を伏せてダイニングから立ち去り、

おもむろにパソコンの前に座ると、

そのまま寝転んだ。








やりたくないんかい!!!!




ツレ
「バレちゃ仕方ねえ」




やりたくないんかい!!!!!!







ツレ
「あれしんどい」


なんかこの世の終わりかのような顔をして言われましても。

確かにしんどいけど、継続が大事だぞ。








と言っても完全にぐーたらモードに移行してしまったので、ツレの運動不足は解消されなかった。

代わりといっちゃなんだが私がコロコロしておいた。

やっぱりメモ帳使うわ

もーメモ帳アプリは使わん!


と言って早々に手のひらクルーでお恥ずかしい限りだが。





やっぱりメモ帳アプリ、使います。
ごめん。

やっぱりね。便利すぎて。

だって思い立ったらすぐネタをメモできるんだもの。






それでだ。


バックアップは、ネタを書き終えたら全選択でコピーして一旦メールかpixivの小説にペーストして、非公開保存しておくつもり。

で、pixivの方は念のためUSBにも保存しておこうかと。もうデータ消えるのはいやだ。こわい。俺はもうあれからずっと疑心暗鬼だよ。




さて、また気を取り直して書き始めよう。

今、ビクター一人称の小説でも書こうかなと思ってるとこなんです。
まあ、鬼王バックアップを終えてからですけどね。
とはいえ6話はほぼ書き終えたから、あとは7話。長い長~い7話。




うわーい頑張るわー。

あとやっぱり少し話は変わりましたね。多分。
書き忘れてるのとあると思うし、意図的に書き加えたものもある。


そんな「新しく作ってる感」も半分くらい感じながら、引き続き復旧作業します。うぇい。

セクシーについて

まず大前提。
セクシーとは。


「性的な魅力のある様」


だ。






その上で。


今日、「好男子描いてみよう」というタグがついているイラストを見ていた。
真面目、とか、熱血、とか、そういうお題に沿った好男子を描くというものだね。

その際私はずっと、「セクシー」に注目をしていた。




みなさんセクシーは苦手かな?


他の「クール」や「天然」などより、明らかに手を抜いている……というか、どう描いたらいいか分からなくてとりあえず適当にたれ目でナンパでチャラそうな男を描きました、的ななおざり感が滲み出ている。



もちろん全部じゃないけどね。

甘い表情してなくても色気を感じるセクシーを見つけた時は、「おおっ。分かっていらっしゃる!」と思わず唸った。







もう一度前提に戻るけど、セクシーってのは「性的な魅力のある様」のこと。

てことは、セクシー枠に描かれる男は、少なくとも描き手にとっては「抱きたい」あるいは「抱かれたい」という気持ちになる存在であるはずだ。


さて、どうだろう。
好男子描いてみようを描かれたみなさんは、自分が描いたセクシーを抱きたい、あるいはセクシーに抱かれたいと思えるだろうか。







私は割とセクシーを重要視している。
エロいの好きだからね。
そういう漫画もけっこう描いてるし。


そうすると、やっぱりセクシーにはものすごくフォーカスしてしまうのだ。自分がエロい!!と思える表情や仕草、台詞、アングルなんかをしっかりと見つめて、それを絵にしていくんだ。
アホかと思われるかもしれないけど、自分がエロいと感じられないエロ漫画を描くことほどの苦行はないと思うぞ。

エロを描くとき、特に一枚絵のときだけど、
「きれいだけど全然エロが搔き立てられない」絵になってしまうことがあるのだ。
これはかなり落ち込むよね。
もちろん肉体美を描きたいときはエロなんて微塵も考えてないからいいんだけど、エロくしたいのに肉体美しか伝わってこない絵になると、ガッカリしてしまう。






まあそんなわけで。

私はよく性的なことを考えるがゆえにセクシーにはこだわりがあるので、あまりセクシーを安直でぞんざいに扱われるのは寂しいと感じている。



セクシーは、本当に本命キャラを引き立てるためだけのナンパキャラにとどまるのかい?

本命キャラを食い殺す勢いのエロは纏えないのかい?





セクシーの待遇はもっと改善されてもいいと思う今日この頃。


そんな中で「おっ」と目を引くセクシーを見つけると、その作者さんはエロを描き慣れていらっしゃる方だったりして、なんか色々納得している。

セクシーへのこだわりは、やはり絵として出てくるものだなぁと感じる。鈍感な私でも分かっちゃうくらいには、こだわりの深さの差って気づくものだわ。
そしてそのこだわりの深さは、絵柄とか、絵の巧拙とかはあまり関係ないんだな。どれだけ丁寧にセクシーさを見つめて追求したかが絵になって出てくるんだ。上手くてもセクシーさが薄っぺらいとか、下手でもセクシーさがムンムン伝わってくるとか、ほんとにあるからね。都市伝説なんかじゃなくて。





私はセクシーが大好きだし、セクシーを大切にする作者さんも好きだ。

もっと広く世の中でセクシーが大切にされていくと、ちょっと嬉しくなるんだけど。



なーんてね。