バイバイ過去絵

本日の計量

体重:67.4(+1.0)
体脂肪率:18.0(+0.6)


爆増。
中間くらいのペースで増えてくれんか。





さて。

実はそのうち我々は引っ越す予定だ。
そこでちまちまと部屋を片付け始めているのだが。





本棚の奥から、俺がここ数年描きためてきた大量の漫画やら絵やらが入ったファイルが出てきた。

その数8冊。

f:id:azitukesea:20190625133819j:plain


f:id:azitukesea:20190625132719j:plain



そのうちの2冊から紙を引っこ抜いてみたのだが、なんと4cmある。溜めまくったねえ。



これら、一応全部捨てようと思ってな。

スキャンしてデータとしては残ってるから、もういいか~っと。ヘタクソだしな。

そりゃ過去の遺物として観賞用に持っててもいいんだけど、ぶっちゃけこんなもんが俺の死後人目に触れるなんてことになったら困るので。
さっさと処分するに限る。




シュレッダーだと4cmもの紙束を全部裁断するのがクソ面倒なので、ジャンプとかマガジンに紛れて本の日に回収してもらうわ。
つーか2冊で4cmなんだから、全部処分したら10cm超える。さすがにやっとれん。


時折昔の絵が目に入ると、「あーこんなん描いてたなー」と懐かしくなったりもする。けど、ここでバイバイ。どうせ今後省みることはない。






この紙束の厚みが、今の俺の画力を形成したことは間違いない。

だけど、それだけだ。

ま、頑張ってきたよな。
絵を描くことに情熱注いでさ。




さよならバイバイ。

お世話になりました。
昔の絵達。
多少寂しいけど、あまり考えないことにする。






だってこんなもん遺品にしたくねーもん。

引っ越し先に持ち込む意味も分からんので、ここまでだ。いい機会だと思うことにするわ。

二日酔い

本日の計量

体重:66.4(-0.4)
体脂肪率:17.4(-0.3)



減った原因は分かってる。

酷い二日酔いで吐きまくったからだ。





昨日はやたら酒が回ってしまった。

気の置けないメンバーだったからか、店の酒がよくなかったからか。
日本酒およそ2合。普段飲んでる酒量とそんなに変わらないくらいだったのに。


翌朝。

フラフラくらくらで、気持ち悪くてたまらなくて、三度吐いた。その後はぐったり。食欲もまるでなかったが、体がSOSを出していたのでカロリーメイトと水を摂取。それだけでも気持ち悪くなったが、食わなくても気持ち悪いので仕方ない。


かろうじて出社はしたけども、体調最悪のため我慢できず午後休にして帰ってきた。
そして爆睡。月曜からこれである。





大事を取って、今日は筋トレを休むことにした。

なにがって、今日脚の日だからな。
こればっかりは無理がきかない。
腕なら多少の無理をしてでもやるけども、脚は万全の状態でやらないとマジで危険。




はーーーーぁぁ。

あったま痛えし気持ち悪いしコーヒーは味がしないし、筋トレはできないし。。。なんもいいことねーな。。。

もう俺断酒しようかな。。。



つーか………







酒飲みと飲み会するの、やめようかな。


いや、いやいや。
あいつらは酒飲みだが、いい奴らだからな……。




…………適当に「尿酸値高いから酒は飲めない」とでも言って、俺だけ断酒の飲み会にするか。

はーーーーぁぁ。
ガックリ。ぐったり。

難しい。。。

本日の計量

体重:66.8(±0)
体脂肪率:17.7(-0.1)


意地でも増えねーのなこんにゃろう。





さて。

鬼王本編が終わったので、悠々とウォルハワのジューンブライド絵を描き始めた。
まだざっくりとだけど、とてもいい感じ!
情熱に従って筆を進めたいね。





んで。

問題はもう一つのほう。






コーヒー擬人化。









あれ死ぬほど難しいんですが。。。



重厚なベリーの甘みとダークチョコレートのようなシルキーなコクと深みのエンデベス。
むせ返る甘く華やかな花の香り、ワインのような芳醇さのイルガチャフェ。
和三盆のような可愛らしい甘さとこってりしっかり、だけどスッキリした苦みの香ばしいモンスーン。

エンデベスとイルガチャフェは色気すら感じる。
あの2つはかなりエロい味わいがある。
逆にモンスーンはそういう色気はなく、カラッとした感じ。でも甘い。甘いけどエロくはない。



イメージ。

イメージ。






イメージしながら筆を動かす。










…………うん!!!!!




難っっっっっ!!!!!








俺の貧困なイメージと拙い画力では、ドンピシャなキャラが描けねえよぉぉぉ。

なーーーんかどっかで描いたようなキャラになっちまう。しかも描いてて納得いかない。
何度も描いては消して描いては消してしてたんだけど、いつまで経っても納得のいくキャラに仕上がる気配がない。。。






まてまて。

なんだこれは。




こんな筈ではなかったぞ。







思いのほか苦戦してます。


追加で買ってきた酸っぱくないイルガチャフェのべらぼうな香りの良さに悶絶しながら、もう少し頑張ってみます。

モンスーンと、コーヒー擬人化計画

本日の計量

体重:66.8(±0)
体脂肪率:17.5(-0.3)


ツレが「増えないね……(´・ω・`)」とぽそり。
増えないね。なんでかな。
昨日気合い入れて胸トレして、パンパンにパンプして大満足だったんですけどね。
泣いてませんよ。





えー。

かねてから気になっていたコーヒー、モンスーン。
ついに買ってきて、飲み頃を迎えたので昨日さっそく飲んでみたんだ。






うーーーーーーーー






うまいっっっ!!!!!!











どれくらいうまいかというと、


ツレが




「お、甘っ!!苦っ!!なにこのコーヒー面白い!!チョコレート風味?いやまさかそんな……あっほんとだチョコレート味!!後味も甘い!!全然酸っぱくない!!」




とはしゃぐレベル。

そして、




「個人的には、イルガチャフェ超えてます。エンデベスに並ぶかどうかくらい。ただ俺の中ではもううまいコーヒーの3本の指に入る。上の上をつけたい」





まさかの最高評価。
今まで一度も出たことがなかった、ツレの「上の上」。


………それくらいうまいのだ!!!!!






□具体的に、どう美味いか。


モンスーンピーベリーを飲んだ感想を述べたときも触れたけど、甘いのよ。とにかくこのモンスーンというコーヒーは、とにかく甘いんだ。

抽出前の粉は、香ばしい濃厚カカオのような、うっとりするような甘くシルキーな香りがする。実は私は抽出前の粉の香りが、コーヒーの中では一番好きだ。それはエンデベスもイルガチャフェも変わらない。

そんで抽出後の話ね。
淹れたては、まず真っ先に優しい甘さがもんっと広がる。和三盆みたいな甘さ。だけど、この甘さは誤差とかなんとなくではなく、はっきりと分かる甘さ。
けど、押しつけがましくない。ふわふわと口の中に広がる、まさしく和三盆のようなマイルドで可愛らしい甘さ。甘さが弱いわけではなく、まろやかにじわじわと広がってくる。コーヒーの中では、甘みは強い方かも。

んで、次にくるのが苦味。
アジアらしい割とガチの苦さがある。
これが焙煎されたカカオのような、脂質を含んだ香ばしくもなめらかな味わいを出してくる。バターとか牛脂って微妙に甘くね?あんな感じの脂質の甘さを感じる苦みなんだ。
この苦味はゴーヤとかクルミの渋皮みたいな「ギエー」って感じのものではなく、言ってみればカラメルのような苦さに近い。カラメルって苦おいしいだろ?そしてこの苦さ、スッと引いて消えていく。美味しい苦味なのだ。

それを過ぎると煎り大豆っぽくなる。バニーマタルを彷彿とさせる。
黒豆煎餅かじったときの豆のカリッとした香ばしさを想像してもらえれば、ほぼそれでドンピシャかと。なおこの煎り大豆タイムでは、甘みはほとんど感じない。苦味も控えめ。ひたすらカリカリ香ばしい。
※抽出によってはこの煎り大豆タイムがこないこともある

さらにそれを過ぎて冷めてくると、煎り大豆は引っ込んで再び甘さが顔を出す。後味はやはり和三盆のようにほわほわ。ただし若干の苦味も混ざるので、味としてはカラメルのような感じ。甘みは冷めると少し強くなる。

以上。



うんもうとにかくうまい。
とにかくめちゃくちゃうまいコーヒーなの。
モンスーン。
ツレも俺も一口で虜になってしまった。



※ちなみにこのモンスーン、酸味がほとんどないコーヒーだけど、水道水で抽出するとちょっとだけキナ酸由来の酸っぱさを感じるようになります。やはりオススメはpH9.5の弱アルカリ性天然水。
アルカリ性で抽出すれば、酸っぱさは全くと言っていいほど感じません。



エンデベスのベリーや、イルガチャフェのシロツメクサのような酸味由来のジューシーで華やかな素晴らしい香りや味わいはない。
その代わり苦甘い。上2つがフルーツや花なら、モンスーンはお菓子!って感じ。和三盆とかチョコレートとか。酸味がないぶん苦さと甘さが際立っていて、ほんとのほんとに超うまい。ずんと重く苦く、ほわりと甘い。最の高。

コクは中くらいかな。
パンチは効いてるし飲み応えはすごいあるけど、あとまでずーーっと長く残るコクの強さまではないように感じる。それはマンデリンとかエンデベスあたりの得意分野だな。



見事、ヘビロテ銘柄の仲間入りを果たした。
これからよろしく、モンスーン。






で。


ジューンブライド絵を描きたいと言ったすみからまたしても描きたいものができてしまって。


このエンデベス、イルガチャフェ、モンスーンを……




………擬人化したくなってな。







それぞれの味わいの特徴は分かってるから、それを擬人化してみたら面白そうだなと。

冷凍庫が開くたびに、「俺を淹れて!」「いや今日は俺を!」「湿気るからはやく閉めて」なーんてやってるのを想像したら、ちょっと楽しくなってしまって。



短編は得意ではないのだけども、うまくイメージが固まったらちょっとトライしてみたい。


他の方は自分の好みのコーヒーをどんなキャラにするだろうか?興味あるな。みんなやってみて。そんでよければ描いたら教えて。絶対見に行っちゃうわ。

酸っぱいコーヒー対策とコスパの話

本日の計量

体重:66.8(±0)
体脂肪率:17.8(±0)


停滞中。
昨日チキン南蛮食ったにも関わらず停滞中。
増量にも停滞期があったなんて。
恐るべしホメオスタシス







昨日の続き。



先に言っとこ。

最高のエンデベス、抽出成功しました。
抽出後、一瞬味見させてもらって俺の大好きな最高のエンデベスを淹れられたことを確認できたので、ツレにも飲んでもらいました。

かつて、エンデベスを飲んで「消毒(ヨード)の臭いがする」「酸っぱい……中の下かな」と言っていたツレ。

今回の反応は。





ツレ
「…………………」
「…………………………」
「…………これ、評価ひっくり返るな……。」
「正直、イルガチャフェに並びかねんぞ………」






中の下だったエンデベスの評価が、いきなりイルガチャフェと同列、上の中まで爆上がり。
四段階アップ。飛び級飛び級



そうだろう。

そうだろうそうだろう。
うまいだろう。エンデベス。

これが、これこそが、俺が愛してやまない最高のエンデベスなんだ。本来エンデベスはあんな酸っぱいコーヒーじゃないし、消毒の臭いなんてしないものなんだ。




あーもう涙出てきた。

この味を引き出すために、俺どんだけ調べて試してきたことか。全てはこの味のため。そしてツレに、エンデベスの本当の美味しさを味わってもらうため。

ああ俺はもう満足。
満足だ。胸いっぱいだ。
この一杯を出せたこと、ツレを唸らせられたこと、これで俺の苦労は全て報われた。
はー。やったぜ。





あとはこの味を安定して出せるようにしないとネッ☆(ゝω・)

引き続き精進します(ゲッソリ)






んで。
理屈の話に戻るね。

素晴らしいスペシャルティコーヒーを酸っぱいサワーなキナ酸コーヒーにしてしまうのを防ぐためにできることが、2つほどあった。

それが、「抽出温度」と「蒸らし時間」。

みんな何度のお湯で、何秒蒸らしてから一投目を淹れてる?




一般的には、湯温が高ければ苦味が、低ければ酸味が出やすいというよな。
正しくは、酸味は湯温が高くても低くても出てくるが、苦味や甘みは湯温が高くないと出せない。これはもうその味を構成する化学物質の抽出しやすさの問題だ。苦味成分、甘み成分は温度が高くないと、コーヒー粉に留まったままになってしまう。冷水で油まみれのフライパンを洗っても、イマイチ油が綺麗に落ちないような感じか。

なので、苦味を嫌って湯温を下げると、酸っぱいだけで甘みのない大失敗エンデベスになる。甘みがない破壊力は絶大で、もう何一つおいしくない。

これ理屈じゃないぞ。実際やらかしたんだよ。
過去最高にまずいエンデベスを錬成した歴史的瞬間だった。



ツレを唸らせた最高のエンデベスを出せたときは、やはり高温で抽出した。うちには温度計がないから何度かまでは分からないが、沸騰後鍋(うちはコーヒーポットがないので、鍋から直入れしてる)を3回ししてから注いでいるので、90~95℃くらいじゃないかな?湯が暴れない程度には冷めてる。
とはいえ蒸らしから最後までの間に湯を温め直したりはしないので、実際抽出するとき(一投目~5投目)には85℃くらいまで下がっているのかもしれない。そこらへんは分からないけど、早めに自分の普段の抽出温度は知っとくべきだろうなぁ。
じゃないと、季節によってコーヒーの味が変わることになる。冬なんてすぐ湯が冷めそうだもんね。
湯温計買おっかな。



次。蒸らし。

いつも俺は蒸らしに20秒かけていた。
どこかのサイトで「蒸らしは20秒」と見たからそれを律儀に守ってきたわけだけど。


あるとき、他のサイトでみつけた。

「蒸らし時間が短いと酸っぱくなる」




そのサイトでは、確か20秒、40秒、1分でそれぞれ味の違いを評価してくれてたかな。
えー!20秒がデフォルトじゃないんだ!?とびっくりした瞬間だった。

結果としては、40秒が一番コクと甘みを感じられ、酸味と苦味のバランスもよく抽出できた……のだそうだ。
20秒だと他の味わいがしっかり出ないので、酸っぱさが立ってしまうそうで。冷めると渋みも出てくると書いてあったけど、ほんとにその通り。失敗したエンデベスには、渋みがあった。
逆に1分だと、苦味が出るのと渋みも出てくるそうだ。

まあ要はおいしくないってことだね。


俺は他の人より使うコーヒー粉の量が少なめだと思うので、蒸らし時間は30秒にしたんだ。

そしたらびっくりの甘みと香り。
そうそうこれこれ。これこそがエンデベスだよな。




蒸らし時間はめっちゃ大切だった、というお話。







というか。



pHのときには「pHこそがコーヒーの味を左右する!」、蒸らしの時には「蒸らしがコーヒーの味にもたらす影響は大きい!」と主張されるけど、

コーヒーってさ。

湯温。
蒸らし。
湯のpH。
抽出速度。
粉の量。
豆の種類。
豆の保存状態。

全部完璧に揃ってないと、美味しく淹れることはできないんじゃないの?

どれか1つ欠けてもまずくなっちゃうんだもんな。
それは俺のエンデベスの超低い勝率が物語っている。




え………

コーヒーって……
むちゃくちゃ高度な技術を要求される飲み物なんじゃね??





今更だが。

ヤバいものに足突っ込んだな。俺。





※今回書きそびれたけど、粉の量もかなり味に影響します。スプーン一杯増やすだけで、めちゃくちゃ渋くてまずいコーヒーが出来上がります。湯で薄めればなんとか飲めるけど、まずい。逆にスプーン一杯減らすと味がスッカスカになります。10倍に薄めたポカリ飲んでる気分になります。まずい。







あと。コスパの話。


俺たちが飲んでる、スペシャルティコーヒー。
まあ、お高いよね。
安くて650円/100g、俺たちが愛してやまないエンデベスやイルガチャフェは1000円/100gくらいする。

それをだいたい一週間ほどで飲み切る。
1回の抽出で使う粉はおよそ7gなので、14回分。二人で一日一杯ずつ飲むとなくなる計算だ。いつも半端に余ってて、それを「えーい入れちまえー」と粉量増やして淹れると、大変なことになりますよ。


一ヶ月四週間として、だいたい2800~4000円/月。




うむ。

インスタントコーヒーだったら400円くらいで一ヶ月くらいもつから、それと比較するとめっちゃ高いな。




けども、だ。

たとえば一日1本、150円のペットボトル飲料を自販機で買うとするじゃん。
150×7=1050円/週。
一ヶ月四週間ならば4倍の4200円/月。

なんと毎日エンデベス一杯飲むより高くつく。



じゃあ、会社では基本的に給湯室の白湯で水分補給を済ませてる俺は、自販機のペットボトル飲料を買ったつもりでスペシャルティコーヒーを飲めばいいってことじゃね!?

俺はコーヒーがあまり好きではないため、飲めるコーヒーはスペシャルティコーヒーの中でもごく一部と限られてくるが、そのごく一部のお気に入りさえあれば他はいらないので、ある意味金はかからないのかもしれないな。






あとこれは余談だけど。


スペシャルティコーヒーをハンドドリップしてるなんて話をすると、

「コーヒー好きなんですか?じゃあウチの飲まないコーヒー粉あげますよ。もらいものなんだけど、ウチコーヒー飲む人いなくて」

なんて言われることあるしもらうこともあるんだけど、




別に俺はコーヒーが好きなわけではない。

俺の愛するエンデベス、イルガチャフェという飲み物が「コーヒー」という分類にたまたま居るってだけの話で、俺はコーヒー自体はそれほど好きではないんだ。特にブラジルとかコロンビアあたりの中南米のコーヒーとは相性がよくないから、世の大半のブレンドは「飲めなくはないけども美味しくもない」となる。
カロリーが低いのとカフェインが摂れるから、ボディメイクに適切ということで飲むだけでね。高い金を払ってでも飲みたい、本当に好きなコーヒーの銘柄なんて、一桁で足りるほどしかない。

ケニアのエンデベス、エチオピアのイルガチャフェ、インドのモンスーン、ルワンダのバフ、インドネシアのマンデリン。あと水出しのシャンリー(ミャンマー)。

ギリギリ片手で足りなかった。

思いっきりアフリカとアジアに偏ってんな。
あれだ、アフリカの香りとアジアのコクが俺の好みドストライクってことだ。




というわけで、繰り返すが俺は「コーヒー好き」ではない。好きなコーヒーはあるが、それは例外的に好きなのであって、大半のコーヒーは「飲みたい!」とは思わない。

だからお願い、コーヒー粉がいらないからって俺に処理させようとするのはやめて。あれだろ?お中元のマキシムとかブレンディとかだろ?
どうせもらっても、試しに一口飲んだらあと捨てちゃってるから(まずくて)。残った粉は紙コップに移されてトイレの消臭に使われちゃってるから。

マズいコーヒーを無理して飲むとたとえ一杯でも胃がギリギリしたりもたれたりとおかしくなるから、体調管理の意味でも飲みたくないんだよ。
スペシャルティコーヒーなら、一気に5杯とか余程飲み過ぎたり抽出に失敗しなければそんなことにはならないんだけど。



もうご自宅のトイレの消臭に使用してはいかがか。
香りはいいっすよ。あと消臭効果も割とガッツリ。振りまいた消臭力の匂いすら消えます。
理屈としては、コーヒーって炭と同じ様な多孔構造をしてるので、グングン臭いを吸ってくワケだ。コーヒーの保存に冷蔵庫は危険と言われる理由だね。食品の臭いを吸っちゃうからなんだ。

あ、冷蔵庫の消臭にも使えるね……。
なんだあるじゃん、まずいコーヒーの利用方法。今度教えとこ。だから俺にコーヒーを回してくれるな。

エンデベスリベンジ

本日の計量

体重:66.8(±0)
体脂肪率:17.8(±0)


そこは増えろよバカヤロー!!!
魯肉飯にチーズケーキだぞ!!!
その他諸々も合わせてメンテナンスカロリー+800だぞ!!!

「明日は増えてると思う(キリッ)」とか自信満々に言ったのが恥ずかしいわバカヤロー!!!







さて。



酸っぱいエンデベスを淹れてしまったことが相当こたえていた俺。
大好きなエンデベスのポテンシャルを引き出せず台無しにしてしまったショックはさすがにでかい。
うまく抽出できればめちゃくちゃうまいコーヒーであることを知っているだけに、余計に。


あれから、徹底的に調べ上げた。
酸味の原因物質から、酸味の原因となりうる要因(温度、pH、蒸らし)から、それはもう徹底的に。


コーヒーは、特に私が好む中煎り~中深煎りは冷めていくにつれだんだんと酸っぱくなる(多分浅煎りはもっとすごい)けども、あれの原因は何だと思う?

ネットでは、「それは豆が古いから」「焙煎が下手で生焼けが混じっているから」なんてさも知った顔で言われてるけど。



答えは、キナ酸。

キナ酸てのは、コーヒーにはまず含まれている「クロロゲン酸」から分解されたもの。クロロゲン酸が分かれてキナ酸やカフェ酸ができる。

こいつ、焙煎された段階ではキナ酸ラクトンっつって、キナ酸から水分が抜けた状態で存在している。その状態だと酸味を出したりもせず大人しいんもんなんだけども。
抽出の際にお湯入れるじゃん?するとラクトンが加水分解されて、キナ酸に戻っちゃうんだ。そうして時間が経てば経つほど加水分解が進んでキナ酸が増えていき、徐々にキナ酸だらけのコーヒーになる。

キナ酸=酸=すっぱい。
レモン=酸=すっぱいのと同じ。

酸はすっぱい。
※ちなみに膨らし粉でおなじみの重曹=アルカリは苦い




つまりだ。


クロロゲン酸が含まれているコーヒーならば、豆や焙煎度合いでその程度の差こそあれども、時間経過で絶対に酸っぱくなる!!!のだ!!!





豆の良し悪しや焙煎の良し悪しではない。
淹れたら酸っぱくなるのは化学的に当たり前の反応だ。
俺が「最初から最後まで甘い」と感じたエンデベスは、多分キナ酸が発生しまくる前に飲み終えてしまったんだろう。だってうますぎたんだもん。ゆっくり味わったつもりだけど、必然すぐに手が伸びる。

ちなみにクロロゲン酸自体もラクトンからの分子内加水分解でクロロゲン酸に戻ることでコーヒーの酸度を上げるそうだよ。





となれば。

加水分解させないか、中和させればいいんじゃね?」

ってなるよな?


そこで調べましたよ。
キナ酸ラクトンを加水分解させない方法と、中和の方法。中和ならまあニガリとか食用重曹とかあたりのアルカリ物を入れればいいのかなくらいには思ってたけど。

キナ酸ラクトンの加水分解を防ぐ、または遅らせる方法は、残念ながら見つからなかった。
ってかまあ加水する時点でそりゃ加水分解させないってのは無理があるよな。

じゃあ中和か、重曹入れたら味変わりそうでやだなーなんて思ってたら。






なんと。

「アルカリイオンの天然水」でそれが可能になるそうじゃないか!!!



アルカリイオンの天然水、pH8.8~9.4。
アルカリ性

でもって、これを使ったらコーヒーの酸っぱさが減ったという報告事例も発見。




ええやん!!

と思って早速アルカリイオンの天然水を買いに行こうと思ったら、





自宅で災害対策用に保持している2リットル46円のやっすい天然水が、なんとpH9.5だった。

あーーーーー。
合点がいった。

エンデベスとイルガチャフェで最高の抽出に成功したときは、多分このやっすい天然水を使って淹れたんだ。だから酸っぱさが中和されて飲みやすくなり、その分香りと甘さがむちゃくちゃに際立ったわけだ。
その後はpH7の井戸水を使ってたから、コーヒーのpHが5~6くらいの酸性に傾いたままだったんだ。だーかーらーあんなに酸っぱかったのか。



とりあえず酸味が特徴のコーヒーはもともとクロロゲン酸含有量が多いんだと思うので、pH高め(8以上)の天然水(軟水)を奨める。硬水はスペシャルティとは相性悪いと思う。味わいを損ねる、邪魔なミネラルが多すぎる。

多分これでキリマンジャロも化けるんじゃないかな?俺キリマンのキナ酸の酸っぱさ苦手なんだ。。。
あと、ガテマラやコロンビアもどうだろう。
今度こそ、甘さを味わえたりするんだろうか。






他にも調べたこと試したことはあるんだけど、全部一気に書くとすこぶる長くなるので、抽出温度と蒸らしについてはまた別日に。







あーーーそうだ。

どうでもいいことだけど、今ちょっと……






ジューンブライド絵、描きたい。

ウォルハワの。






パズドラで、今ジューンブライドガチャやっててな。ふとジューンブライドウォルハワ描いてみたくなった。
本編を今週で完成させて、ジューンブライド絵描いてみようと思う。6月が終わる前に。


ちなみに本編はあと3頁でペン入れ終わり。
今日水曜だから……明日(木)ペン入れ終えて、明後日(金)と明明後日(土)でトーン入れたり仕上げしたりして、完成ってとこかな。

エロい、愛が伝わるって言ってもらえるよう、心を込めて線を引きます!!!あんな画力でも、筋肉のラインとか密着具合とかがダイナミックに伝わるようにと思いながら線引いてるんですよ(*^_^*)「あぁ~~この線俺的に超サイコ~~!!」ってなりながら描いてるので、それが読者の皆様へのインパクトに功を奏したらいいなぁ。なんて。