困った。

ツレを駅まで送って、駐車場まで帰って来て、かれこれ二時間。


なぜか、車から出られない。




ので、今日はもう休むことにした。





雨がしとしと降っている。

車がざばざば走っている。

フロントガラスが雨に濡れて、ゆらゆら揺れる。




別に車内で何をするでもない。
たまに歌う。
「つばさをください」とか。
富とか名誉ならばいらないけど、翼が欲しいって。
ビクターなら鼻で嗤いそうだ。
生身の私は、富とか名誉がいらないんじゃなくて、「考えたくない」が正しい。逃避できるんなら翼が欲しい。で、電線にでも引っ掛かってあっちゅーまに焼け死にたい。



なんか、動けない。

もちろんこの記事は打ってるわけだから、麻痺ではないぞ。練炭やってるわけじゃないから。
身体がなんか、鉛のように重くてな。
外に出ようとする気力が湧かない。
こういう変な感じは初めてかもしれん。


会社には頭痛が酷いんでって連絡した。
実際頭痛は、けっこう酷い。
肩凝りだろうと思う。
家に帰れたら、バファリンでも飲んでおきます。




車、走ってるなあ。

みんな働いてんだなあ。

俺、なにしてんだろなあ。

会社に迷惑かけてるかなあ。





いよいよ考えることもできなくなってきた。

オーバーヒートかね。
ぷつんと、なに考えてたか分からなくなる。



なんだこれ。

俺、変な病気にでもかかったか?




テンション変なまま、もう少し車内で過ごすことにします。

いつもよりいい声出るなあ。


Are you going to Scarborough fair?

parsley,sage,rosemary,and thyme…

いいことだー

私がよく見に行くpixivユーザーさんのブクマや評価が順調に増えてきている。

かねがね、「こんなに面白くて素敵な漫画を描く方だから、もっと広く知られて評価されるべきなのになぁ」と思っていた。

それが実現したのは、よいことだ。
これからもどんどん作品を描いていただきたい。
そしてもっともっと、多くの人に知られていくといいな。




漫画を上げるというのは、エンターテイメントの提供だと思う。

pixivには本当に色々な方がいるから、我々描き手が描いたものを気に入ってくれる方もいれば、そうでない方もいる。
そして、気に入ってくれた方の中には、その意思表示をしてくれる方もいる。

中にはツレのように、お気に入りを見つけるとローカル保存だけして、評価やブクマやフォローなどはしない隠れファンだっている。
ツレ曰く、足がつくのを嫌うらしい。





我々は、楽しみにしてくれている方たちに、エンターテイメントを提供できているのだなあ。

なんて、しみじみ思った。



絵を描くときの心のバランスって、とても大事。
何のために描くのかってのがぶれると、心がざわついてしまう。

他人の評価がほしい。とか、
キャラを気に入って欲しい。とか、
そんなことを考えていると、特にダメだな。私の場合。


まずは、自分の「描きたい」という気持ち。
それから、「作品をエンターテイメントとして他人に提供している」という自覚。

最後に、できあがった作品を喜んでくれる方がいるという事実。それを、決して、忘れないこと。

これが、一番心穏やかに漫画を描ける『心の持ちよう』なのかな、なんて今は思っている。





まあ、私のことはもうどうでもいいよ。
心底いらんこと書いたと思うけど、消すのも面倒なのでもうそのままで。


とにかく、今頑張っている描き手さんが、もっともっと評価されるといいなって思います。
評価されるってことは、それだけ人の心に留まるということだもの。

もっと多くの人に知ってほしいね。
そして、同じく「面白い!」と思われる方が、評価を入れてくれればいいな。







頑張れ。みんな、頑張れ。

魂燃やして、描いてくれ。

あなたの作品を、楽しみに待ってる人がいるから。

トイレ

うちの実家は、和式便座だった。


それに慣れていた私は、洋式便座でも靴を脱いで乗っかって、和式のごとく踏ん張る。





ツレは洋式便座に慣れているらしく、便座に乗ることはしないらしい。


まあそれが普通だろうけどな……。





んで。

ツレ、うんこ座りができないらしい。
身体がかたくて。


じゃあ和式使えないね、って笑ってた。



私は和式の方が好きなんですが。






多分何人かは、こっそり洋式便座に乗ってると思うよ……。

何人かは。

もう俺、鬼マイナー事件以来自信ないんだよ。





しょーもない話でした。

じっっっくり。

昨日騒いでた、「濃い男描けない事件」。


あれ、よーやく納得いくデザインができました。




デジタルだとなぜかうまくいかないから、そういうときは紙でガリガリ。



最初は、粗いイメージしか湧かなかった。
だから当然、描きようがなかった。何度描いてもしっくりこないのは、イメージがぼんやりしすぎているからでもある。

仕方がないので、いつものように「既に居るキャラとの絡みや、物語における役回りなどから、ショートストーリーを作る」ことから始める。


全体的には和鬼のイメージで、キャラがとしては雄中の雄。って感じにしたい。
他キャラとの絡みはまずバーナードだ。
バリタチ同士で絶対に譲らない二人だから、挑発し合うも落とせないジリジリ感が最高に気持ちいい。
見た目の落差はどうにもならんが。
バーナードが薄く見えるレベルで濃い男ができた(と個人的には思う)ので。

ある程度ストーリーができてイメージが固まったら、できるだけそのイメージに近い資料をあれこれ見比べながら、あごひげ、ハゲ具合、眉毛を手探りで描き出していく。
で、それをオーガ体型に合うように調整。
好みなんだけど、角と壊滅的に合わないキャラデザインもありました。はい。


あとは身体を描いて、毛深い人の資料を漁りながらがっつり全身を毛むくじゃらにしていく。

このへんテンション上がりまくりでした。
これこれー!俺はまさにこれを求めていたー!!って感じで(笑)




名前も決めてる。

ここでは言わないけどね。


物語の中で、お披露目いたします。
いつになることかな。




俺にとって、キャラは喋ってこそ。

どうせなら、生き生きと動いているキャラを見て欲しい。


私も、そんなキャラを描きたいです。

描けねぇー

酔っぱらいのたわごと。


俺は今、無性に濃い男を描きたい。

がっつりハゲてて、眉毛モシャモシャで、あごひげわっさわさで、胸毛も脇毛も腕毛も脚毛もボーボーな。

そういう濃い男を描きたいんだよ。





描けねーのーーー

全っっ然描けねーのーーー



二時間くらい頑張ってるんだけど、だめねー。

その脳内の雄にムラッときてるけど、全っっ然描けねー。



あーーーー。

もーーーー。



くそぉーーーー。






なんで好きなのにさぁー。

描けねーんだよぉーー。

くっそほんと自分の力量不足に腹が立つわ。




あーーー。

あーーーーーー。





寝ます。

おやすみ。

検索:黒鬼 オリジナル

時折私は、仲間を探して旅に出る。

Googleという大海原でサーフィンをしていれば、同好の士に会えるだろう。
そんな淡い期待を抱えて。



私は鬼という奴が好きだ。

筋肉質で巨大な身体。鋭い牙。人外であることを主張する角と肌の色。

それでいて人とも交流が(その良し悪しは置いておくとして)あるというのが、また、いい。




そんな鬼キャラを創作されてる同士を見付けたかったのだ。
そんで、うんうん、やっぱり鬼って最高だよね!!って画面の向こうで熱い涙を流そうと思っていたのだ。




検索1【鬼 オリジナル】

いっぱい出てきた。
いっぱい出てきた……が。

こう……線の柔らかい、色白の美男美女に角が生えた和装キャラばかりだった。

それはそれでものすごい人気のあるイラストだったし、私もそれはそれでいいと思う。



が。



お求めの鬼とは違う。ので、申し訳ないが見なかったことにした。



このキーワードだと、そういう美男美女鬼がわっさわっさ出てきてしまうので、検索ワードを変えることにした。




検索2【オーガ オリジナル】

仮面ライダーイナズマイレブン、サプリ専門店とブレブレなので、別ワードに変更。




検索3【黒鬼 オリジナル】

九州焼酎と黒髪美人(以下略








───諦めた。



鬼好きって、そんなにマイナーか?
信じられない。
あの美しいフォルムが世に受け入れられていないなんて。

鬼といえば、美男美女かRPGにおける雑魚敵扱いが普通なのか?
嘘だろ?嘘だと言ってよバーニィ



バーナード
「嘘だよwww」


お前が言うと嘘っぽくしか感じられねえよ!!
そうかよマイナーかよ!!分かったよ!!
てっきり俺の画力がないから鬼好きの皆さんが集まらないだけで、どこかには熱い鬼loveコミュニティがあると思ってたんだよ!!割と本気で!!


奇遇にもバーナード繋がりだった。
ガンダム好きさんはどうか平にご容赦を。


──まあ、そうと分かれば、俺にも考えがある。
今、鬼loveで集まってくれている読者さんたちを、俺は生涯大事にするぞ……。

ほんと、嘘だろ……。
みんな隠してるだけで、鬼好きなんだろ……?
マジで興味ないの……?
鬼ってあんなにカッコいい存在なのに……?
俺のキャラが好きじゃないだけで、鬼自体は好きだ!って人、いっぱいいるよね……?
いるよね!!?
いるって言って!!!頼むから!!!



未だに信じられなくて、わなわなしています。

誰か、筋肉質なオリジナル鬼のコミュニティとか知ってたら、ぜひ教えてください。
ワクワクしながらROMります。

会社行きたくない

朝からすまないが、少し愚痴らせてほしい。
頑張ってフェイクは入れる。



部署は違うんだけど、俺のデスクの近くに最近入社した30代?の女性がいるのね。

その人に俺も仕事上関わることがあって、色々頼むこともあるんだけども。


けっこう頻繁にミスるんだよね。

いついつまでに欲しいって言ってたデータが吸い出せてなかったり、数字が間違ってたり。
あと、ちゃんと確認しない。「多分……」と「……と思います」が多い。メモもあまり取らない。
正直、困る。


が。

私も入りたての頃はポカをよくやらかしたこともあって、「まあ入社したてだし、そこまで責めるのも可哀想だよなぁ」と思っていた。

せめて自分は、同じように不器用な後輩につらい思いをさせまいと、なるべく対応をソフトにしてきた。
その女性にも。

そしたら、ずいぶんとなつかれてしまったようで。

業務中、用もないのに(無理やり作り出してる)私に話しかけに来る。
パソコンのローカルの設定とか、どう考えても同じ部署の人に頼むべきことまで私に聞きに来る。


私は必要なことなら喜んで教えるが、そうでないことに付き合うのはとても苦手だ。
私にも自分の仕事がある。
業務中は業務をしたい。私語に付き合って給料泥棒になる気はない。


ので。

言った。


「それは、同じ部署の方にお聞きした方がいいかもしれませんねー」

と。





まさか、まさかね。




「先ほどは業務をお邪魔してしまい、失礼しました。お許しください。私、さそり座なので、この人なら……と思った人には、一直線になってしまうんです」


なんて社内メールが飛んでこようとは。



え?え?
なに?それは、謝罪?釈明?

どちらにもなってないよね?
それただの言い訳、というか言い訳にすらなってなくないか??

さそり座、ふむ、そうですか。
それは分かった、だからなんだ?
俺に迷惑かけても、『私はさそり座だから仕方ないんだし無条件で許しなさいよね!私はあんたのこと気に入ってんだから!』ってことか??




断っておくが、さそり座だからどうのと言いたいのではない。星座占いの信憑性をどうこう言いたいわけでもない。

私の大学時代の唯一と呼べる親友もさそり座だが、奴はかなりの常識人だ。少なくとも、「俺はさそり座だから」という理由で、私に何かを要求したりはしない奴だった。



なんかもう、

あの女性からはすごい粘着気質感じるし、また顔を合わせるのもしんどい。
つーか、メールボックス開きたくねえ。

絶対チラチラされてる。
これ返事しないと「私が悪いんだ……私が……ぐすん」とか「こんなに頑張ってるのに他人に迷惑かけて、謝ったのに受け入れてもらえない可哀想なワタシ」とかいった自己憐憫系のメンヘラ起こすパティーンじゃないか。






あーーーーもーーーー

気が重い。会社行きたくねえ。



ビクターさんカモーン!!!
俺に力を分けてくれ!!!


ビクター
「殺せばいいのでは?」

いや、それはアカン。



※ふと思ったけどもさ。多分彼女は『自分が粘着質なこと』を悪いと思ってないよね?むしろ「粘着質なのはさそり座の特徴であり、誇り!裏返せば愛情深い!」とでも思ってそう←被害妄想