珍。

朝からなんちゅー話をしてんだって感じだが。


ツレが珍しく発情したみたいで、俺が布団でゴロゴロしていたところをツレに捕まり、そのまますりすりされた。
ナニをとは言わないが。

俺の太腿に存在感あるものがすーりすーりと当たるものだから、俺も変な気分になってしまった。



まあ続きはないんですけども。
多分俺たちは死ぬまでプラトニックだよ。
ハハハハ(乾笑)



でも寝てる相手に擦り付けるというのは、シチュエーションとして好物なので、これを参考にして脚色しながらウォルハワで一本漫画描いてみますね。




エロ続くなぁ。

ま、いっか。

帰宅。

実家から帰りました。
さすがに疲れました。

糖質制限とかダイエットとかガン無視で食わされ続けたので、多分太ってます。
ズボンきついし。

また頑張るしかないね。


明日は4:30起きなのでそろそろ寝ます。
お休みなさい。



※なんか腹立つので、明日は絶食します。

少し聖書な話。

今日は俺実家に缶詰になるから、今のうちに記事上げとくね。



エスキリストが教える祈りの仕方(お手本だね)があるんだけど、その最初が

「天にまします我らが父よ。御名をあがめさせたまえ。御国を来たらせたまえ」

なんだよね。
最初に祈る内容は大事っていうらしいし、このへんの意味を考えることに意義はあると思う。



俺はひねくれたクリスチャンだから、人間のうちに絶対正義だとか、平和だとか、喜びだとか、そういうぬくぬくぽやーんとしたものがあるとは思わない。
人間世界というのはもっと奪い合い、蹴飛ばしあい、常に隙を伺い合い、マウントを取り合うような、そんな殺伐とした世界だろう。
平和、友情、愛、そんなものを振りかざしながら、相手を自分の意のままに操ることが、人間世界の本質だろう。
そうではない聖人もいるだろうが、人間である限りいつかは綻びる。俺は人間が正しくて清くて優しい存在だなんて絶対に認めない。

認めないし、平和だの愛だのなんてくそ食らえくらいに思っているけども、よくよく考えてみれば、「それでもそんな世界が本当に訪れたなら、どんなにいいことか」とは思っている自分がいる。

それが、俺にとっての「御国を来たらせたまえ」なんだ。

もし、誰も傷付くことも悲しむことも苦しむこともなく、正しくて、平和で、優しくて、幸せに満ちた世界があるのなら。
それが実現してほしいと思うことが、神御自身によって求められているというのだ。

俺はすっかり擦れた人間になってしまったから、期待というものをほとんどしなくなってしまったけれども、もしそんな平和な世界があるのなら、本当に実現してほしいと思う。
どうせ無理だろう……と保険はかけてしまうけど、切に願っていることは本当だ。笑われるかもしれんが。




そして、「御名をあがめさせたまえ」。

普段はあまり意識しないと思うが、名前を呼ぶということには一定の意味がある。
たとえば、上司を名前で読んだりはしないように。格上の人物を名で呼ぶことは、自分と格上の人物を対等に置いた、失礼な行為であると俺は認識している。
pixivなんかでそれ以外に呼び方が分からない等どうしても名を呼ばなければならない時は、「俺なんかがこの人の名を呼んでしまっていいのだろうか」とためらうし、申し訳ない気持ちになる。


ハワードがウォルターを常に陛下陛下と呼ぶのは、ウォルターの名を呼ぶことが失礼だと思っているからだ。
けれども、ハワードはウォルターの伴侶でもあるから、ウォルターの名を呼ぶことで心の距離を近付けたいとも思っている。「そんな失礼なことできるか!!」という思いで蓋をしてはいるが。

そんなハワードを見て、ウォルターは「名で呼べばいいのに」と思っている。


神の御名をあがめさせたまえ、というのは、(あくまで俺の解釈だけど)「あなたの名を呼ぶこともおこがましい身だけれども、どうかあなたに近付かせてほしい」という願いが込められているように思う。



夜、目を閉じる時に思うんだ。

御国を来たらせたまえ。
御名をあがめさせたまえ。って。


そこらへんが時々創作にも出ちゃってる。



不思議なもんだよね。
こんなひねくれものでも、神は愛されるというのだから。

勝手に打つなぁぁ!

なんか知らんけど、返信欄がわけわからん文になってた。
「疼く☆kitchen」とか。
なんじゃそら。


文字化けしてるのかと思って文章を遡ってみたら、「バーナード」だの「どくっ……」だの、ちょっと見られたらヤバい文字列が。



おいぃぃぃ!!?

それ俺が書いてたR18のプロットの文字じゃねーか!!




てことは、カバンの中に入ってたときに電源入って画面表示されて、勝手に返信欄に予測変換から文字打ち込まれてたってことか?

でもkitchenは知らねーよ!!
いつどこで使うんだよ!!
予測変換というには、どっから引っ張り出してきたか謎過ぎる。



うっかりあの謎返信送ってねーだろうな……?

ほんとこういうのヒヤヒヤするからやめてほしい。

キメラ妄想

バーナードな漫画は結局13頁になりました。
って言ったっけ。一応アナウンス。
前回と比べたら半分以下という、謎の安心感。
「なーんだ13頁か、今回楽できるな」なんて言えるのは、やはりあのデスマの功であり罪だと思う。

全部の頁、【下書きの直し】と【効果音、吹き出しの清書】【セリフ入れ】をしたよ。
あとは線画からの仕上げだけど、今週の土日は俺実家帰るから作業できないんだよね。
まあクリスマスとか大晦日にはまだ時間があるから、ぼちぼち進めます。




それとは別に、漫画を進めている合間に、キメラな妄想をしていた。

みなさん、触手ってどうなの?
俺はけっこう好きなんだけど。
やっぱりこれも特殊性癖なの?不安。

いや、あんまりバーナードがエロいもんだから。
どっかのマッドサイエンティストがバーナードの遺伝子となんやらかんやら混ぜ合わせて、
・下半身と角が山羊で、
・翼と尻尾が生えてて、
・ところどころサイボーグで、
・機械触手持ち
な、バーナードキメラを製造しちゃったりする妄想とかしてたわけよ。

まあ機械属性以外はそれなんてインキュバナ?って感じなんですが。



そのキメラとバーナードがはちあわせたら……とか考えたりして、バーナードが触手に捕まって身動き取れない状態で毒針で滅多刺しの目に遭うとか想像したりして、けっこう股間にきてる。
俺被虐嗜好でもあるのか。加虐か。どっちだ。
どっちでもいいよもう。


でもバーナードはやっぱりバーナードなので、触手に締め上げられようが、毒針で滅多刺しにされようが、顔面に至近距離でビーム食らおうが、ちょっと休んでればすぐに回復するというね。
そこはオーガだもん。
死んだふりしてキメラに花を持たせてるバーナードが可愛らしいことこの上ない。



だいぶ物騒な妄想してましたが、バーナードが嫌いだから酷い目に遭わせているわけではないです。むしろバーナードはとても好き。
一方的に虐げられるシチュエーションが好きな俺の性癖のせいです。

小言のおはなし

あれからツレに、「俺の小言にウゼーって思うときってどんなとき?」と聞いてみた。


そしたらツレは、少し考えてから

「3つある。1つは俺が責められていると思ったとき。1つは俺が何かに集中してるとき。1つは海苔蔵くんが何を言ってるか分からないとき」

と答えた。
けっこうあるじゃねーか。


やっぱり朝起きろー遅刻するぞーとガミガミやったり、飯食えー風呂入れー冷めるだろがーってせっつかれるのは、嫌らしい。
とはいえ、「じゃあ自分で時間管理する?」と聞くと、「ごめんそれは無理」と返ってくる。どうしてほしいのか図りかねているが、とりあえず「今のままがいい」とのことだった。

でも、ガミガミやられるのおいやなんでしょう?
優しくなでなでしてても起きねーじゃん?



俺どうすればいいんだ……




ちなみに、他の「集中してるとき」というのは、私も過集中持ちなので、気持ちは分かる。集中してるときはあまり声が聞こえないし、内容も頭に入ってこないし、作業が中断するのはイライラするんだ。

で、「海苔蔵が何を言ってるか分からない」というのは、ツレ曰く「海苔蔵くんはたまに主語が抜けるから話が分からなくなる」とのことだ。
うっかりやってしまうんだよな。
これは反省している。