ボウモア

今日は、飲もうと思う。

平日だけど。思いきって。




ツレは長期出張から帰って休む間もなく職場に呼び出され、朝からご立腹。

かくいう私も上司に仕事でケチをつけられて怒鳴られて(しかも私のせいではない)けっこーイライラマッハである。

書きたい。すっごい詳細書きたいけど、あんまり言って身バレしたら大変だから。ごめんね。
あの上司声がでかいから、フロア全員俺と上司のやりとり知ってんのよ。



腹が立って仕方なかったので、酒を買ってきた。

f:id:azitukesea:20170921205219j:plain

ボウモア12年。
シングルモルトウイスキーである。
これとチーズをつまみに、飲んだくれてやる。

延々とツレと愚痴大会してやろ。
明日二日酔いでも知るもんか。
俺は怒ってんだよ。


ツレへの労いを込めて今日は夕飯はメンチカツ。
まだ帰ってこないけどな。






……ところで。


ボウモア買ったついでに書くぞ。


ずっと思ってたんだけど、近所のスーパー、陳列がおかしい。


見切り品がね。
レジの向こうにあるのよ。

あとね。
出入り口の奥まったところにひっそりと。





──うん。




売る気あんのか。







レジの向こうじゃ既に会計終わってるから、見切り品だけ持ってレジに並び直すのは億劫だし、

出入り口はいいとしても、奥まった場所ではまず気付かない。順路じゃないから。




見切り品だから、格安にしてでも捌けたいんだろうけども。







もう一度聞く。

売る気あんのか。

ウイスキーケーキ

この前製菓用ブランデーを染み込ませたブランデーケーキ

3日経った気がするので、食べてみました。






うまーい♥






この甘さと香りの中に潜むアルコールがたまらんね。
決して喉を焼くような攻撃性はない。
けど、確実にそこにいると分かる、強いアルコール臭。

いると分かるんだけど、それが甘さと香りとやわらかなレーズンに包まれていて、正体は表さない。

だけど、確実にそこにいる。
その牙を俺の首に優しくめり込ませてくる。





この感じ。

この感じが俺は大好きだ。



ちょっとハマってしまった。
今第2弾を仕込んでます。



製菓用ブランデーも量が減ってきて、ふと思った。

「これ、ケーキにかけるのがウイスキーだったらどうだろう?」


ウイスキーも甘~い心地よい香りがする。
アルコールも強いから、ケーキの保存にも一役買ってくれるだろう。

ネットで調べたら、やはりウイスキーケーキなるものはあるようで、あのキリンも商品として出しているようだ。
http://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/shop/items/016.html




そうと分かれば試さない手はない。

早速残りのブランデーケーキを開封し、ウイスキーをスプーン2杯強足らして染み込ませる。

熟成によって味が変わるのを楽しみたいので、3つほど一気に用意しておく。


あとは3日経ったくらいから、一つずつ試していけばいい。




あーーー。

待ち遠しいなぁ。







……とはいえ、このブランデーケーキ

糖質はなんと1つで22gだ。
多すぎやせんか。

というわけで、せっかくブランデーウイスキーケーキが仕上がっても筋トレ直後にしか食べられない。
しかも一つだけ。



むむむ。

こんなに糖質制限がつらいことはない。

最近ハマったチョコプロテイン

またこいつはプロテインに混ぜ物をしやがった、という話。


以前やっていた抹茶プロテインに抹茶を放り込む飲み物だが、気に入って継続した結果、抹茶も抹茶プロテインも飲み尽くしてしまった。

そこで今度は



チョコプロテインにココア粉を放り込んでみよう




ということになったわけだ。


愛用のビーレジェンドのプロテインは、美味しいんだけどテラアマスなのだ。

で。

テラアマ抹茶プロテインに苦々抹茶を加えたらデリシャスになった経験を踏まえれば、



テラアマチョコプロテインに苦々ココアを加えたら、やはりデリシャスになるんじゃねーの!?




という安直な想像ができるわけだ。



で、思い立ったが吉日、やってみた。





タンブラーに牛乳を注ぐ。

寝る前なので、ゆっくりたんぱく質を吸収させるため、水ではなく牛乳に混ぜる。

たんぱく質が枯渇すると筋肉が分解されてしまうので、朝まで持ちこたえられるようにね。
ほんとは吸収の遅いカゼインプロテインがベストなんだろうけど、まあ牛乳の方が安いんで。味も美味しくなるし。


そこに、チョコプロテインを3杯イン。
カカオ100%のココアをスプーン山盛り一杯イン。
ついでにシナモンもぱぱっと振りかける。
んで、スプーンで粉の部分だけさくさく混ぜる。
こうしておかないと後が大変なのだ。


あとはシェイク&シェイク&シェイクだ。





結論。

美味しいけど、ダマがすごい。




味はもう文句なしに美味いです。
まさにチョコレートドリンク。
濃いです。味も喉ごしも。


ビーレジェンドのチョコ味は、正式には「激うまチョコレート風味」だが、

ココア粉をまぜたこれは

【超激うまチョコ味】

である。



ただ。

ココア粉はとっても溶けにくい。多分、油分のせいだと思うけど。
だから、ココア粉を投入したあとで一旦粉だけよく混ぜる。
一度、これをせずに飲んでプチプチ弾けるココア粉を楽しむ羽目になった。

混ぜてもなおダマにはなるけどね。
混ぜないよりはましです。
比較的味が均等になります。




んで、

今回こうしてココアを混ぜるのにも一応理由があって、


ココアは血管を広げる作用と、成長ホルモン分泌を促進する作用がある!


らしいのです。

ついでにシナモンもインスリン様作用をするとのことで、味が好きなこともあって足しました。


成長ホルモンとくれば、やはり寝る前。
これを飲んで寝れば、筋トレで傷付いた筋肉の回復と成長に一役買ってくれるんじゃないかなと期待したりして。




あと、ココア安かったです。

110gで300円。

抹茶より大容量でお安いです。



私が買ったのは生協のココアですが、

f:id:azitukesea:20170919120450j:plain

ふむふむ。
ガーナ産なんだね。
ガーナミルクチョコ美味しいからこれは期待大。


……と思いきや。

f:id:azitukesea:20170919120610j:plain


げ、原産国マレーシア??


恐らくはガーナ産カカオをマレーシアで製品にして日本に輸入してる……んだろうけど。

でも加工者は関西なんたらの大阪工場って……




ん?

んんん??

どういうこっちゃ。





実際マレーシアもカカオの生産国なので、いったいこれはガーナ産カカオなのかマレーシア産カカオなのか、気になって仕方がない。
マレーシア産のカカオは酸味があるらしいが、私はカカオに詳しくないので分からない。



分からない時は聞くに限る。


生協に問い合わせをしてみた。
そしたら、

「ガーナ産のカカオをマレーシアで加工して、それを日本に輸入しています」

とのことだった。



てことは、日本での加工てのは、パッケージ封入とかのことかな?

勝手に納得するのはよくないが、まあそういうことにしておくことにした。生協が不正競争防止法に引っかかるようなことを、ここまで正面切ってやるとも考えにくい。まあ最近は大企業でも色々不祥事が明るみに出てるから、あくまで「考えにくい」というだけだけどね。

まだ気になる方は、生協に問い合わせしてみてください。


とりあえずこのココア入りチョコプロテインを始めてから最大の変化は、お通じがすこぶる良くなった。

1日2回とか普通に来やがる。

ただでさえスピルリナが大暴れして毎日のように便通あるのにな。



ツレにも飲ませるか……。

LGBT

今日、再び出張に出かけるツレと車内で話していた時のこと。


ツレ
「気が重い。今週はテストがあるらしくて」




テスト。

まあ研修出張だから、そういうのがあるのも分からんではないのだが。

いまいち想像がつかない。




「たとえばどんな?」

ツレ
「なんかLGBTとか」



……はい?

なにゆえ??




「それあんま業務に関係なくない?」

ツレ
「まあ、うちは営業職ですので、一応知っておけってことらしいね。そういういわゆる差別的な言葉が入ってたら、即黒塗りだし」
「中には『ご親切に』差別用語を見つけると警察に通報する人もいるんですよ、よかれと思ってね。そうすると行政の立ち入りが入って大変だから」



………ははあ。

そういうことか。






私は普段、あまりゲイという自覚をしていないように思う。
ツレが好きというだけの、普通の平凡な男だ。
オネエ口調でもなければ、お化粧に興味があるわけでもない。イカニモでもないので、マッチョでもヒゲでもない。憧れるけどね。

ただ、ツレが好きだという一点においては、私は「ゲイ」という区分に分類される。
いや、もしかしたら今は女性に興味がないだけで、実は「バイ」なのかもしれない。

それはまあどうでもいい。
だが、マイノリティであることは間違いないだろう。



いつからマイノリティは腫れ物扱いになってしまったのだろう。


私は別にLGBTという呼称が、悪意ある差別とは思わない。
まあ普段から開けっ広げに「俺はゲイだ!」っつってるわけではないから、酷い差別を知らないだけなのかもしれないけど。

でも少なくともノンケたちとは別の生き物なのだし、分かり合うことも困難だろうから、住み分けとしての差別は別にありだと思っている。
端から「あいつゲイじゃねーの?」という会話を聞いていても、「違うんじゃね?」とか「そーかも」とか「そうだったらステキ」くらいしか思わない。

でもって、私がゲイであることで何か不利益があるとも思えない。
私もツレも体面が気になる性格なので、外で手を繋ぐとかキスするとかそういうことはしない。し、したいとも思わない。家でもそもそと引っ付きあってる方が落ち着く。


そりゃあゲイだとバレれば好奇の目で見られるだろうから、極力隠してはいる。それが負担といえば負担。
だが、そんなことはもうずっと昔からしてきていること。嘘もすっかり吐き慣れた。
嘘に疲れた時はツレと話すか、「味付海苔蔵」としてpixivに作品を上げるだけだ。




心許せる友人にゲイであることを明かして、それをその友人にバラされて、自殺した人がかつていた。

このあたりは確かに気を付けなければならない。
けど、言ってみればノンケにゲイを理解してもらおうという甘い夢は捨てた方が安全だという教訓でもある。


それを「理解しろ!受け入れろ!」と迫ると、より一層マイノリティへの風当たりが強くなるんじゃないのか?
「なんだあの自分勝手な野郎は」ってならないか?

理解しろ、っていうのは、相手に負担を強いることでもある。理解するために、相手に我慢をさせるということだ。それをさも当然のように求めてくる相手のことは好きにはなれないだろう。
ましてそれがゲイというマイノリティであれば、最悪ゲイという存在自体が厚かましい人間ばかりという印象を抱かせかねない。




うーん

ツレがテストで出されるというLGBT
何が出されるんだろうな。

ああいうのって、ノンケが出題するんだろうか。

私もツレも普段LGBTについてはさほど意識してないものだから、改めて「差別です!!」と言われると、「お、おう。そうか?」と戸惑う。



少なくとも私はゲイであることに関して何か困っているということはない。
ツレとツレのご両親には申し訳ないが、私が女性であったとしても、「私みたいな女がツレさんに相応しいとは思えない……」って悩んでいたんだと思う。


別に差別してくれていいから、ゲイもノンケも、お互い干渉し合わなければいいのに、なんて思う。
ノンケは「ゲイを理解すべき!差別はいかん!罪!」なんて思わなくていいし、ゲイも「ノンケはゲイを理解しろ!差別は不当!ゲイにも人権を!」なんて言うべきじゃないんじゃないのか。

ノンケとの付き合いは、性的嗜好以外のところで人格と人格が交流できてりゃいいじゃない。
何か問題ある?



俺が世間知らずなのかな。
ちょっと不安になってきた。

台風

台風がすごいですね。

うちもドアが雨風でばっしんばっしんいってて、多分外出たら帰ってこれなくなるんじゃないかな、って感じになってます。

食料があんまないんで、このままだとカップ焼きそばコースなんだけど。
どーしよー。
糖質制限中の俺としてはそれは大変困るので、もし閉店までに空模様が落ち着いたら、買い物に出ます。

それにしてもとんでもない嵐だ。
音からしてもうおかしい。






そんな中、すぴすぴと眠るツレ。
大好きな毛布にくるまって幸せそうな顔をしている。
布団に収まりきらない長い足をびよーんと斜めに伸ばして完全にお休みモードだ。
俺の寝る場所を侵食してやがる。


ある意味すごい。




漫画の休憩がてら、寝ているツレを突っついてみる。

ツレは肌がもちもちですべすべだ。
やたらキメが細かい。
手触りが俺となんか違う。
すごく気持ちいい。

お互いスキンケアなんてしてないし、食ってるもんは炭水化物以外同じなはずだけど。



え、炭水化物なの?すべすべのもと?




いや。
体質じゃねーの?

糖質制限する以前も俺は肌が荒れ気味だったので、炭水化物が原因で肌荒れしたとかいうことはないだろう。




なんにせよツレのすべすべ肌は気持ちいいので、これからもすべすべしててほしい。






気持ち良さそうに寝てるツレの側にいたら、私まで眠くなってきました。

うん。俺も大概だな。

おやすみなさい……

新パソコンさんいらっしゃい

出張から帰って来たツレと一緒に新しいパソコンをセットアップした。

でもってアルパカもインストールし、ペンタブもセットアップ完了。

試し書き。

うん!オッケーオッケー!!




これで再びデジタル作画ができるぞ!

やったー!!






取説を見ながらパソコンを打ってるツレがなんとも男らしく見えて、思わず引っ付いて邪魔してしまった。
パソコン中の主人を邪魔する猫の気持ちが分かった気がする。

後頭部の毛が気持ちいいので、ツレに乗っかって頬擦りしてたら無言で頭を振ってイヤイヤされた。
あーーーきゃわゆいねえ。

指も長いし、キレーだなー。
いーなー。




インストールが終わって、反撃とばかりにツレに襲われて(性的な意味ではない)どったばった。

こーしてじゃれあってんの、好きなんだよなぁ。




さて!!

今週こそは本編上げるよ。
頑張る!!

あーあ。

ついにパソコンのファンが止まってしまった。

何をしても動かない。


布でくるんだ保冷剤で冷やしても、扇風機で風を送っても、何の前触れもなしにぷつんと電源が落ちる。しかも10分と経たずに。


もちろんその間に描いていたデータはパアだ。

コマ割りからやり直し。






これにはガックリきてしまった。

昨日あんなに「本編描く!」と豪語したのにな。



明日、ツレと一緒に新しいパソコンのセットアップをします。





それと別件ですが、

私はよく1人議論をしている。
テーマはその時気が向いたもの。

今回はpixivの評価について考えてた。



評価されることは、とても嬉しい。
これは全会一致。

では、評価されてるけど以前より減った場合は?



ここで私は2つのことを思う。

ひとつ。
「周りが評価しないようなこの作品を、この人たちは評価してくれた!」

つまり焦点を「評価をくれた人」に向ける。
周りが評価しない時にこそ、評価してくれる方のありがたみはすこぶる増す。
貴重な理解者だ。
心から大切にしていきたいと思う。


ひとつ。
「評価が以前より減ったことは、気にすることか?」

結論。気にしてもしょうがない。

まず、千差万別の好き嫌いが存在する以上、その作品のファンであっても受け入れられないものというのは一定数存在する。
ドラゴンボールの大ファンであっても、チャオズが死ぬのは許せない、評価できないとか多分そういう感覚だ。
ドラゴンボールほどの名作でもそれは起こりうる。

次。
減ったから、じゃあ増やすためにはどんな漫画を描けばいいか?という発想。
私は別に漫画でおまんま食ってるわけじゃないので、そもそも増やす必要あんの?である。


それ以前に、評価が減るってことが、イコール作品の劣化ではないと思う。
私自身も、絵柄が強烈に退行したとも思わない。
内容が変態チックなのはいつものことだしな。




ここまで言ってなんだが、じゃあ評価なんて気にしなくていいじゃん、ということになるかというと、そうでもないんだな。これが。


もちろん評価優先で描きたいものをねじ曲げるのは精神衛生上よろしくないのでおすすめしないが、「もともと一定数あった評価が、減った」というのは、「それを受け入れられる人は、その作品のファンであったとしても少ない」という指標でもある。

これを踏まえて、「それでも俺は描きてえんだ!!」となれば描けばいいし、「まあ評価されないだろうしな、やめとこ」となれば描かなければいい。




時折、いただいた評価を見ながら「おや、増えたな」とか「おや、減ったな」と思うことがある。
「あら、今回はいつもの人いないな」とか。

あんまりこういうこと言うと読者さんに「えぇー、こいつ毎回評価しないと気にするのかよー」ってご負担になりそうなので、申し上げますと、




ほんと、「良い」と思った時だけご評価いただければ!!

嬉しいです!!!




いつもの人も、たまにの人も、私の作品を見てくれて本当に嬉しいです。感謝してます。



本編が想像以上の評価いただいちゃってて、これはもうめちゃくちゃ嬉しいですね。
だって本編だもの。私の作品そのものだもの。

本編は評価回数一桁からのスタートでしたので、本当にしみじみとありがたいなぁって思います。
こんな陳腐な言葉にしかなりませんが。


そんなことを思いながら創作しております。

というお話し。