スポーツ選手への疑問

□今日の掃除
キッチンのテーブルの上と、床の片付け



日々筋トレをしていて思う。

スポーツ選手って、筋トレと練習をどう両立させているのだろうか?



私なんぞは(もともと筋肉がないせいもあるのだろうが)筋トレ後なんてしばらく動けない。
腕トレの時は腕が痛くて上がらない。
痛いというか、ジリジリって感じ。
腕を上げると「ギャア」ってなる。その日は買い物も漫画描くのもできない。腕がもたなくて。

脚も同じ。スクワットが終わった後なんて、まともに歩けはしない。
階段すら落ちかけるくらいにはもう限界だ。
DDR?もちろん無理だよ。軽めの足10すらまともに踏めんよ。



そんな状態なので、一体スポーツ選手はどうやって筋トレと本命のスポーツの練習を両立させてんだろうな……と気になったのだ。
サッカーでも野球でもプロレスでも柔道でも、なんでもいい。少なくとも練習前に筋トレはしてないですよね……?
しっかり筋トレして筋肉に効かせた上であの運動量だったら、バケモンか!と言ってしまいそうda!yo!

練習後に筋トレするにしても、そんなグリコーゲン残ってるか……?
あと毎日練習するのに筋トレしてて、筋肉疲労からの回復が間に合うのか……?


うーーーーん
わかんねえ。

いやもう、本当に筋トレ後って、鍛えた部位は全然使い物にならなくなるんだよ。
いやまあ、使い物にならなくなるまで負荷かけてるからなんだけどさ。
でも筋トレってそういうものかと思ってたんだ。


もしかして違うのか?


だとしたら、スポーツ選手は何のために、どんな筋トレをしているのだろう?筋持久力の向上?つまり遅筋重視の筋トレかな?
速筋を鍛えるなら、やっぱりハードな筋トレが必要だと思うんだけど……。そうでもないのかな。
故障が多いのって、もしかしてハードな筋トレとハードな練習によるオーバーワークだったりするんだろうか?


とっても気になります。

遺せるもの

死について考えた。

私の心臓が今止まったとして、私はツレに何が遺せるのだろう?


悲しいかな、何もない。

ツレが新しい相手を見つけた時、「海苔蔵より、ずっとすごい!」と感動してその人と愛を深めることができるという点では、いいのかもしれんが。


ツレには数えきれない愛情をもらってきた。
なのに私は自分本位の自由すぎる生き方しかしてない。
貰うだけ貰ってこの世にバイバイするのは、あまりにも人でなしではないか。


私に、何ができるだろうか。

私はツレに、何を遺せるのだろう。





今日から少しずつ、掃除をしようと思う。
私が死んだら、このアパートも引き払うことになるだろう。その時に、ごちゃごちゃの埃まみれでは迷惑がかかる。
綺麗な部屋くらいなら、私でも遺せるかもしれない。


私には、何もない。
人並み以下のものしかない。
美しい容姿もない。
家事だって得意ではない。
批判くらいしか能がないが、それすらなまくらだ。

なぜ、ツレは飽きもせずこんなつまらない人間の側にいてくれるのだろう。


ツレは背が高い。
優しい表情をしている。
抜群に切れる頭ももっているし、愛情深い。
気遣いの人だ。
次の相手に困りはしないだろう。

ツレはきっと今日も、明日も、
「疲れた~~」と、それが普通であるかのように、私が居るこの部屋に帰って来てくれるのだろう。



最近の私の祈りは、「今日も生き永らえたこと」への感謝ばかりだ。

死が怖い。
己の、そしてツレの。

ツレには「俺より先に死ぬな」と言われている。努力しようとは思う。
「そんで他にいい男見つけろ」とも言われた。それは無理だと思う。ツレに死なれたら俺は恐らく生きていけない。全ての気力を失って、食うのもサボってそのまま死ぬ未来が見える。

私が先に死んだら、ツレに何が遺せるだろう。
こんな私に何が遺せるのだろう。
遺せるものは価値あるものでなければならない。
だが私に価値あるものなんざない。


返しきれないのだ。
ツレには。


聖書に、タラントという金銭単位を用いたたとえ話がある。
ざっくり言うと、一万タラントの借金があるしもべが、主人にそれを赦され帳消しにしてもらうが、後にしもべ自身に借金のある同僚をしもべが赦さなかったことから、しもべは最終的に主人に牢に入れられてしまうという話だ。

この話の主眼は「赦し」だが、私はこの返しきれない負債を思う。
1タラント=6000デナリ、1デナリが1日の日当なので、日本円にして日当10000円とすると、1タラント=6千万円。
1万タラントはその万倍である。だいたい6千億円か。

私がツレから受けているものの大きさの感覚が、これだ。返せないのだ。返そうにも、それに見合う価値のあるものが私にはない。
神の恵みも似たようなものなのだろう。私はツレから「返せないほどの借り」を実際にもらったから、感覚として分かる。

どう、私は応えればよいのだろう。
ツレも神も、特に何も言わない。



私がツレのためにできることは、本当に掃除くらいしかない。
我ながら情けないが、ならば掃除くらいはきちんとしておかなければなるまい。

いつ、この命が終わるかも分からないのだから。

は……はい?

結局新しいパソコンは買ったけれども、諸々の設定がまだのため未だに熱暴走してよく落ちるパソコンを使っています

15分置きにパソコンが落ちそうになるので、休ませつつ描いてます

まだ諦めないからな俺は!
できれば今日中に漫画上げるんだよ!!




それとは別件で、遠距離カップルのイラストを描いた。
もちろんアナログで。パソコンに余力ないし。
やっぱりアナログはつらい。遠目に見たときのバランスの悪さが、デジタルより見えづらい。
投稿してみて小さい画面で見てみると、あちこち残念な部分が見えてくる。でもアナログだともう修正できないしなぁ。
ほんとアナログって一発勝負だと思う。
線に迷うからちゃんとしたアタリも取りにくいし。特に今回のような二人が密着してるのは。
私はそこまで器用じゃないから、何度失敗しても最終的に納得いく絵が描けるデジタルの方が合っている。

あと、アナログは猛烈に塗りにくい。
そして画材が高い。色も足りない。


はい、アナログデジタル談義終了。




遠距離、というテーマがふと頭に浮かんだとき、久しぶりに会えた恋人に嬉しそうに抱きつく人の姿がバッと写真のように思い出された。
正確にはその方々は恋人同士ではないのだが、相手を見つけるや否やダッシュして飛び付きハグをかましていた姿は大変印象的で、今でも鮮やかに記憶として残っている。

なお、ハグされたのはツレである。
ハグしたのは私ではない。
その時はまだ付き合っていなかったからな。
「うらやまし~」と思いながら見ていたものだ。
ぐすん。


私とツレは遠距離恋愛経験者だ。
およそ400kmほど離れて暮らすこと、3年。
会えるのは月1。
かなりツレが頑張ってくれた。

新幹線のホームで、ツレを探すワクワクソワソワ感。
見つけた時には自然に口角が上がってしまう。
あの感じ、ふと思い出してしまった。

ま、私は抱きつきはしなかったが。
そんな度胸はない!!!
恥ずかしがり屋さんなんだよ!!!



ん?新幹線?

そう、新幹線。


じゃあなんでイラストは空港なんだというと、

これはツレと一緒に北海道旅行をしたときに、空港の雰囲気が気に入ったからだ。
怖いのでもう飛行機には乗りたくないが、空港の「THE・旅!!」……みたいな、リアルな出会いと別れを感じさせてくれるあの感じは好きだ。
空の旅である。引き返せない感が半端ない。
新幹線なら一駅くらい乗り過ごしてもまあ何とか戻ってこれる(え?上りののぞみの名古屋で寝過ごした場合は新横浜までノンストップだから戻れないだろって?うんまあ、そこはドンマイ)
それを通して会いに来る恋人の想いはどれほどのもんだろうと、無駄にイメージを膨らませる。


ところでさ。

ここまで語っといてなんなんだが。
これを見てくれよ↓

f:id:azitukesea:20170806191358p:plain


他の遠距離ゲイカップルの皆さんがどんな過ごし方をしているのかと思って調べていたら、なんか私の作品がGoogle検索に引っ掛かっていた。

んで、そこに、

https://www.pixiv.net>宇宙>ゲイ】

って書いてあるんだ。




宇宙ってなんだ。

宇宙ってなんだ。

なぜ宇宙からゲイになる。
繋がりが不明すぎる。

つーか宇宙要素がどこにあった。
飛行機で宇宙には行けないぞ。



謎過ぎて思わずスクショしてしまった。

パソコンバイバイ

もう何度目かも分からない、オーバーヒートによる電源落ち。

もうアカンと思った。
ホントにこれ以上やったらパソコンが壊れる。
なんか最近、ファンが回ってない。
上に、何の前触れもなく落ちる。

これはアカン。
これはヤバい。


ツレを連れて新しいパソコンとバックアップ用のフラッシュメモリを買うことにした。
また今週も漫画が間に合わんのか?
気合いで明日中に終わればベストなんだけどな。

セットアップもあるし、ペンタブもインストールし直しかぁ……嫌だなぁ。ネットにはどうすればつながるんだっけ……調べねーとなぁ。
はぁ……めんどくせえ。
あぁ……でもこのままでは絵が描けなくなっちまう。


アナログは大変なのだ。
特に私のような不器用者には。

目の位置を少しだけずらしたいと思ったとき、デジタルならそれができる。
アナログは無理だ。描き直しだ。
修正の楽さという点で、アナログがデジタルに敵おうはずがない。


そういうわけで、しばらくはアナログで漫画を上げようかとも思ったが、やはりデジタルでやりたい。
早めに復帰したいです。

エビフライ その後

ツレにスーパーのエビフライを食わせようと、あちこち探して回った。


ない!!

どこのスーパーにも、エビフライがない!!!




なんでだよ?

アジフライとかコロッケとか、エビもエビ天ならあるのに。
なんでエビフライはないんだよ??


仕方ないので、冷凍の「揚げるだけエビフライ」で比較してもらうことにした。




が。






この冷凍エビフライで、

失敗した。


外はかりっとしてるのに、中まで火が通りきっていない感じ。



これでは比較にならんじゃないか……
ツレも「エビフライはやっぱでかい方がいい」とか言うし。

その後で「でも海苔蔵の作ってくれたやつも美味しいよ」とフォローしてくれたけど、あくまで「も」なので、冷凍エビフライと並列ということだ。
しかも失敗したやつと。

ふーんだ。
負けましたよーだ。
あと一回くらいはでかいエビを見つけたらリベンジするかもしれんけど、そうでもなきゃもう作らないもんねーだ。


……と、子供っぽいことを言いたくもなる。
というのも……ツレにもう一言言われたのだ。
「オードブルのエビフライっぽいね」と。

時々スーパーで並んでるオードブルのエビフライよりは旨いじゃんかよ……あんな衣が厚くてふにゃふにゃで中のエビがちっさいエビフライと同じ扱いかよ~~~という何とも言えない悲しさ。


私にとってはかなりの屈辱だが、ツレは特に気にしてないから多分悪気はないんだと思う。
余程豪華なオードブルのエビフライを食って育ったのかもしれない。




はー。

気を取り直して、明日はビーフシチュー作ります。
丸一日かけて。煮込みます。
これがダメだったらもう異世界食堂準拠の飯は止めるわ。


ツレに、いつもより美味しいと思えるものを食べてもらいたいのだ。
けど、私にその力量がないなら、もう料理は他人に任せる。ツレの舌を楽しませてあげてほしい。






だから、自信があるものは出すなと言ったのに。

なんで私はこうも学ばないのだろうな。

自信なんて持たなきゃいい。
私は何してもダメなんだといつも自覚していればいい。
他人が受け入れてくれるなんて期待しなきゃいい。
分かってるのになぜそれをする?

本当に、私はどうしようもない馬鹿だな。

エビフライ

今日はツレから、「今日は組合の飲み会~」と連絡があった。

ので、事前に買っておいたエビは、明日の飯になる。
私の飯については、面倒なのでまたチキンカレーでも作って食えばいっかー、なんて思っていた。
明日は背ワタ取ったり衣つけたり油で揚げたりと、やることいっぱいだから気合い入れんとなー、なーんて。




……の、はずだった。


「居場所がないので帰ります」
「飯はあんま食ってないので、作ってもらえるとありがたい」

としょげ気味のツレの声を電話で聞いて、よし今日は意地でもエビフライにしよう、と思った。


ツレが駅に着くまでの間に30尾のエビの背ワタを取り、腹に切り込みを入れて真っ直ぐに整え、塩コショウしておく。
付け合わせのいんげん豆とオクラを茹で、じゃがいもをチンする(ツレ専用。私は糖質制限中なので芋は食わない)。
野菜はいんげん豆とオクラとミニトマト、それからポテトサラダ。
私はいんげん豆とオクラだけ。


それからツレを迎えに行き、帰宅。

ツレが野球中継に気を取られている間に、エビに衣をつけてフライパンで高温で一気に揚げていく。
エビは火が通りすぎると固くなる。
さらにきつね色に揚げるには、フライパンで強火がもっともよい。

そんなわけで揚げ終わった10尾のエビフライを皿に盛り、ツレに出す。
タルタルソースは市販のだ。すまんな。
冷蔵庫に古いタルタルソースがあって、それを使いきらんといけなかったのだ。



で。
食わせてみた。

ツレ
「小さいエビのエビフライとはまた。でもこれはこれでいける」
「このサイズで固くならずに、普通のエビフライとして仕上がってるのがすごい」

ツレは小さいエビと言ったが、そう。
バナメイエビを使っている。
お好み焼きの小エビとかではないぞ。
スーパーになかったんだ、でかいエビが。


でもまあ、「普通に」美味しく食べてもらえたというのがありがたい。
私が揚げ物をすると、だいたい失敗するから。


明日はスーパーの惣菜エビフライ買ってきて、味比べをしてもらいます。
スーパーの惣菜に負けたら、多分もう作らないw
揚げ物は面倒なのです。


……でも、エビフライは揚げ物の中では一番簡単だったからなぁ。
ツレの反応次第では、またやってみても……いいかも?


あ、そうそう。
エビフライもやっぱり、ツレの大好きな小説「異世界食堂」に載ってたメニューでしたとさ。

アイス食いましたよ!

懺悔します。
アイス食いました。
どーーーーっしても抹茶サンドアイスが食いたくてたまらなくて、食いました。

あの苦味と香りがすごい恋しくて。
大好きなんです、抹茶アイス。もちろん好みはあるけどね。甘すぎなくて、抹茶抹茶してるやつが好きです。


申し訳程度にその後筋トレして(今日は腕)、水汲みに行って、買い物にも出かけた。





が。

食いました。
アイス食いました。
紛れもなくアイス食いました。
糖質制限中なのに。



だーーーーーーーー!!!

なんだよもう~~~一個あたり炭水化物30gって!!!チキンカレー4杯食えるじゃねえか!!!
もちろん糖質と炭水化物はイコールではないと分かってるけど、アイスになんぼの食物繊維があるってんだよ!!ほぼ糖質じゃねーかよチクショウ!!!


でもまあ、うん。
思ってた味と違ったのと(こら)、とりあえずアイス食って満足したので、もうしばらくアイスに手は出しません。

今朝、72.0kgだったんだよね。
頑張れば71kg台も見えそうなので、頑張る。
俺、もともとは65kgだったんだよ……。
そこまで戻せたら嬉しいなあと思いつつ。
まあ戻らなくても、いらん脂肪は削ぎ落としたいね。

まだまだ腹はぷよぷよしている。
三ヶ月目に入ったし、そろそろじんわりとサイズダウンしてほしいなぁ。