筋トレと音ゲーの関係

私とツレは音ゲー仲間でもある。
よく二人でゲーセンに行っては、DDR(ダンレボ)やギタドラポップン太鼓の達人なんかをやっている。

音ゲーというのは反射神経ももちろん必要だが、体力も同時に必要だ。
ギターなら高速オルタで腕が痛くなるし(ドラムは私はやらないので分からないが、ギターよりよく動いている)、
ポップンなら密集地帯で腕が痛くなるし、
太鼓の達人はバチを振り回すわけだからギターやポップン以上に腕にくるし、
DDRは言わずもがなだ。だって踊るのだから。脚と体幹がめっためたにやられる。


筋トレ前の私の腕前は、

・ギター(ベース)
大体6.25あたりが限度
普段は大人しくカゴノトリ黄とか明鏡止水黄とかやってる

ポップン
レベル46がマックス
普段は難易度関係なく好きなものをやってる
(旧31~39あたり)
流星RAVE REMIX EX(46)は草すら生えない

太鼓の達人
最近の太鼓は☆9が限界
タベルナ2000鬼あたりがクリアできれば調子いい方
十露盤2000鬼は1/3しかゲージが残らない

DDR
マックスは足16だがクリアしてるのはEmera激と灼熱激のみ、しかもバー持ちでデンジャーゾーンクリア
普段は足13前後をうろうろ
Healing D vision 激(足14)は勝率6割程度(序盤の低速で死ぬか後半の八分で死ぬ)


そんな私が1ヶ月の筋トレを終えて、改めて音ゲーをやってみた。
ツレに「大分力ついたんじゃない?やってみな!」と言われたんだよ。

なおギターは今回やってない。


【結果】
ポップン
流星RAVE REMIX EX 草でフルゲージ。
腕が機敏に動く。

太鼓の達人
十露盤2000ギリギリクリア。
いつもの乳酸で腕が動かなくなる現象もなし。

DDR
Healing D vision緑クリア。
BPM360帯からの八分の足運びがとてもスムーズで快適。びっくりするほどよく動くし疲れない。
ジャンプはいつも通りつらい。


もうね。
笑っちゃうくらい体力ついてました。
本当に疲れにくくなっていました。今まででは考えられないくらい。だって十露盤なんか高速地帯に入るとあっという間に腕が動かなくなるくらいだったのに、今回は完走してもまだ比較的余裕があるんだもの。
そして特にDDRで感じたけど、瞬発力を要求される譜面に普通についていけるようになってた。今までは追い付くのがやっとで、それすら体力が尽きたらガシャーンしてたんだ。


すごい。
筋トレほんとすごい。
思わぬところで成果を実感できて、嬉しいです。

あとツレに褒められて嬉しい。
「今まで十露盤、よくできて1/3ゲージだったのをクリアまで持ってったもんなぁ。すごい成長だよ」って。ほんと俺より俺のことよく見ててくれて嬉しい。