光栄です!

先日、いつも私の作品をブックマークして下さる方のオリジナルキャラを描かせていただいた。
鬼族のイケオジさんである。

なんかこう、ビビっときたのだ。
そして、彼を描きたくてウズウズしてきてしまった。

もともと私はオーガを好んで描く鬼好きだ。
彼は、角があり筋肉質な鬼族であることに加え、オールバック、長い二色の髪、流れるような眼差し……私の好みに多段ヒットしたキャラだったのだ。


早速その方に連絡してキャラクターを描く許可をいただき(私が彼を描く行為はあくまで二次創作なので、著作権的にも礼儀的にも許可をもらうことは必須だった)、今回は色々迷った挙げ句無難なポーズにまとめて、完成品を送付させてもらった。

内心、ガッカリされたらどうしよう?とヒヤヒヤである。
もちろんガッカリされないよう、自分の納得のいくまで時間をかけて丁寧に描いているのだが。それでも力及ばずではなかろうか……なんて、心配にはなるのだ。だって、大事な他人様のキャラである。礼は尽くして尽くしすぎることはないだろうが、失礼があってはならない。

ドキドキしながら沙汰を待つ。




そしたら。


そしたら!








なんと!!

Twitterのアイコンにご採用いただいてしまった!!



い……いいいいいいいいの!!?
私の絵でいいの!!?本当に!!?

嬉しい動揺である。
予想以上の反応をいただけてしまった。
なんだか、なんだか、絵でお仕事をしている人の気分を味わってしまったような、そんな甘酸っぱい喜びを噛み締めた。

そして不思議だが、
「よし!次はもっと喜んでもらえるような絵を描こう!」なーんて……奮起しちゃったりする。単純だな、俺。



最近嬉しいことが多くて、俺もう死んじゃうんじゃないかと……

うおお……

もだもだしてます。嬉しくて。
ありがたいです。