土用丑の日

うなぎの日だ。
みなさんうなぎは食ったろうか?



高いんだよな、うなぎ。

国産で買おうとすると、一尾で1500~2000円もする。それだけの金があれば、鳥胸肉が10個買える。


ツレは今日職場で食わされるらしい。
みんなでうなぎ弁当にしようぜってなったそうだ。
それはまあそれでいい。
うなぎを堪能してきてほしい。

私のうなぎ?なしだよ。
今年も去年も。
うなぎ?大好きだよ。けど、高いから。



私は嘘つきだ。

今日ツレに「うなぎ食べたい?」と聞かれたが、「別に。そんなに腹も減ってないし」と答えた。

去年は残業帰りのツレに夕飯でうなぎを出した。その時に「あれ?海苔蔵、飯は?」と聞かれたので、「アンタが帰るの待ちきれなくて、もう済ませちまった。一人うなぎ旨かったです」と答えた。


別にそれでいいのである。
ツレが幸せなら何も問題はない。
ツレに気を遣わせて折角のうなぎを不味くする理由がない。

私が贅沢をする資格はない。
でもツレには美味しいものを食べて欲しい。
それを両立させた上で、お互いが幸せでいられるためには、嘘が必要だ。
そして嘘には、本当のこととして嘘をつき通す一貫性が必要だ。絶対にバレてはならない。それは嘘つきの礼儀でもある。




私は嘘つきだ。

しかし、私は他人のためになる嘘つきでありたい。




うなぎ………

うまそうだよねぇ。
いや、買わないけどさ。

買わないよ。
ここは嘘つかないから。

私はプライド高いしナルシストだから、「俺こんなに頑張ってるんですぅ~」みたいにアッピルしときながら陰でこそこそうなぎを食うような、こすっからい真似を自分がするのを許せないから。



……本音は、うなぎ、食いたいです。

でも食わないよ。
だって私自身がそう決めたのだから。
私の分まで、ツレがうなぎを食ってくれれば、それでいいのだ。