海鮮お好み焼き

昨日のチョコレートパフェに引き続き糖質制限ってなんだっけ?ってメニューだが、異世界食堂のメニュー順だとお好み焼きだったから仕方ない。

なお、本当に順番通りに作ると本来はクリームコロッケだったのだが、ここのところずっと揚げ物が続いているので却下した。


小説には豚たまとシーフードが紹介されている。
それに従い私もツレにどちらにするか聞いたところ、シーフードと返ってきたので、今晩は海鮮お好み焼きとなった。



お好み焼きセットと、キャベツとブラックタイガースルメイカの輪切りを購入。
まあ冷凍のシーフードミックスでもいいのだろうが、やはり生からのエビやイカのプリッとした食感に勝るものはないだろう。冷凍だと柔らかいというか、あまり噛みごたえがない。
それと、生からの方がうまみがあっておいしい。冷凍だと、風味というか香りが少し落ちる。

一応異世界食堂を模してツレに飯を出すわけだから、そのへんはちょっと妥協するのには躊躇われた。
ミックスの方が手軽だし安いんだけどね。
でも、あの生からのプリッ!とした食感とじゅわっと広がる風味を思うと、やはり多少高かろうが手間がかかろうが、生エビ生イカを買おうという気になってしまう。
妥協して後悔するのは嫌いなんだ。
しかもミックスと生の違いがある程度分かるだけに、尚更。


家に帰ったら、下準備だ。
エビの背わたを取り、水洗いして塩コショウ。イカは一口サイズにカット。
それからキャベツをざく切りにして、ツレからの帰宅の連絡を待つ。

ツレ帰宅後、粉と水と卵を混ぜ、キャベツと海鮮と天かすを混ぜて、フライパンで焼く。
でかく作るとひっくり返せなくなるので、小さめのやつを2つ作る。
いい色に焼けたらたっぷりお好みソースとマヨネーズをかけて、青のりとかつお節をかける。



実食。


当のツレは「フツーに食える」って感じの反応だったが、私としては良くできたと思う。
やっぱりエビとイカがプリッ!でジュワ!なのが分かってるので、より美味しく感じるのだろう。
ツレはあまり海鮮お好み焼きを食べたことがないので、海鮮お好み焼きとはこういうものだと思っているのだと思うが、私は冷凍シーフードミックスの味や食感を知っているので、それと比較するとやはり美味しく感じるのだ。

次は豚たまでって言われたので、またそのうち作ろうと思う。
でも海鮮お好み焼きもなかなかよかったぞ。



しかし明日豚たまをやるわけにはいかない。




明日は……


ビフテキなのである。








甦るトラウマ。

肉がおいしくなければタレもおいしくないというあのかつての悲劇。


私は明日、克服するぞ………。

そのために今日から既にステーキ肉にすりおろし玉ねぎをまぶして寝かせてある。
下ごしらえはばっちりだ。


手順を守ってやれば、おいしくできるはずだ。

頑張れ、俺。