マッカランと社交ダンス【マッカラン】

昨日の話だ。

私とツレは、マッカラン12年をストレートと自作のヘアオブザドッグ(ウイスキーに蜂蜜と生クリームを混ぜたカクテル)を飲みながら、テレビを見ていた。


金スマ?だっけ?

番組名は忘れたけど、キンタロー。とロペスが社交ダンスの世界大会に挑むってやつ。


これがすっごい面白くてさあ。

詳しく語りたいけど、多分時間が足りないから、その内容についてはまた明日……というか、まあ、数時間後に。書けたらいいな!




マッカラン12年。

薬局で売ってたので、買ってきた。
そしたらツレが仰天していた。


ツレ
「洋酒に詳しくない俺でもマッカランは知ってるぞ……どこで買ってきたの?」


「そこの薬局」

ツレ
「マジで!!!??そんなもんなの??」
「あれ……高級酒ってイメージだったんだけど」


有名ではあるようだよね。
私は、マッカランは甘いと聞いたから買ってきただけなんだが。シェリーむんむんの甘い洋酒が飲みたかったんだよ。

日本酒は断然辛口派なんだけどね!


つーか最近飲んでばっかだな俺。






とりあえずストレートでいただく。
かんぱーい。

鼻先5cm、うーーーん、いい香り!!
甘い!!いい香り!!

これは素晴らしいね。
いや、ほんとはボトル開けた時にも先に味わってしまったんだけどさ。
何度嗅いでも甘くて素敵な香りだ。


サントリー角とはまた違う甘さ。
うまくはいえないんだけど、サントリー角が青っぽい色味の甘さで、マッカランは橙っぽい。
どちらも甘いよ。
けど微妙に違う。

モノテルペンとかバニリンとかそういう芳香の化学式みたいなもんについては全く詳しくないので、分からない。
まあ実際に嗅いでみていただくのが一番かと。
角瓶はもちろんのこと、マッカランもそんなに高い酒じゃないので。




いよいよ口に。

案外、含んでみると甘さの質が変わる。
どちらかというと、果実甘さというか。
嗅いだときは、お菓子みたいな甘さだった。

んでこれをしばらく口に含んだままにしておくと、アルコールに混ざって果実っぽい甘さがほのかに鼻に抜けていく。
やっぱ大半はアルコールだからね。味はアルコールだよ。日本酒とは違う。


いやー!うまい!!

癖になっちゃう!!



ついでにつまんだマカダミアチョコがハチャメチャに合いました。私、しばらくはマッカランファンです。


んでヘアオブザドッグ。
こちらは、私には甘すぎました。
これでも蜂蜜半量にしたんだけどね。

なんというか、後味が生クリームでもったりしています。アルコールの刺激がないので、飲みやすい。
だけど、やはり40度のアルコールは健在で、一口飲むとすぐにそのアルコールが顔を出します。



ツレは、「俺にはどっちも強い(>_<)」と言っていました。

うそつけ!
あんた泡盛平気で飲むやんけ!!






そんな感じでマッカランを飲みながら、テンション高く喋りまくった内容はまた次回。

時間切れ~。