練習

しばらく絵を描かないでいると、久しぶりに描いた絵柄に違和感を感じるようになる。


ウォルターも、ハワードも、バーナードも例外なくそうだ。
ウォルとバナは特に髪に違和感がある。
ハワは目元かな。

他人が見たら違いなんて分からないほど些細なものなんだろうが、私にしてみれば気になって仕方がない。
違和感があるということは、脳内で思い描いているものが描けていないということだ。
この違和感が私は大変苦手で、違和感がなくなるまで何度も何度も修正を試みてしまう。

この違和感が、普段描き続けている時と比べて頻繁に、かつはっきりとくるのだ。
「なんか気に入らないな……」「もう少しよくなりそうな気がする……」ではない。明確に「気に入らない」「これはウォルじゃねえな」だ。



けっこうへこむ。





そこで、1日一度は奴等を描こうか、なんて思い立った。
リハビリも兼ねて。

ところが、私は描きたいものしか描けないので、「なんとなくウォルター」とかはできない。
テーマがほしい。
しかし、それにしても毎日ネタを出すというのは、毎週漫画を仕上げる以上につらい気がする。




そんな時、私は素敵なものを見つけた。


【シチュお題でお絵かきったー】


これにキャラ名を入れれば、勝手にネタを振ってくれるらしい。
ではまず看板のウォルターで。



………。


うん。


兎耳パーカー被ったウォルター描けって。









うん。

嫌だぜ。



よく見たら【腐向け】って書いてあった。
なんか納得。
確かに女性は好きそうだね。兎耳パーカー着た男とか。pixivでも腐向けタグがついてるものや、女性タッチのイラストにはそういう男キャラをちらほら見かける。それがかわいい男かごつい男かは問わずに、一様にケモミミパーカー着てたりするよな。

すまんが俺は嫌だ。
他人が描くのはかまわないが、俺は趣味でも好みでもないので描きたくない。




………どうしようかな。


あ、そうだ。
漫画を描けばいいんだ。
練習がてら。

そしたらネタなんか考えなくても、強制的に何度でもキャラを描き続けられるぞ。



んで、なんかネタが降りてきたら、その時は一枚絵描けばいいんだ。


なーんだ、簡単なことだったね。