リメンバーリメンバーの歌詞を考える

昨日今日頑張ったおかげで、かなり余裕ができた。
なので、しょーもないことを語ってみる。


私の作業用BGM切ないverの筆頭、「リメンバーリメンバー」。
曲は好きだし歌詞も局所的にウォルターの心情と被るから、テンションカチ上げて一部泣きながら漫画を描いている。

なぜ一部かと言えば、もう50回は(プロットで)見てる展開だから、慣れてしまったのだ。
それでもハーディの死の間際に、絞り出すように口にしたウォルターの言葉だけは、何度見ても私の胸に刺さりすぎて目頭が熱くなる。



そんなわけで今の話のおともには、リメンバーリメンバーが大活躍してくれている。





のだが。


このリメンバーリメンバー、longバージョンというものがあってな。
longだと歌詞も違う。
それを聞いてみたら、突っ込みどころが多すぎてなんとも微妙な心境のまま漫画を描くことになってしまった。

以下でフルツッコミさせていただくことにしよう。
リメンバーリメンバーファンに怒られるかな。



一応の前提なんだが、私は恋人との別れというものを経験したことがない。初めてツレと付き合って、そのまま別れることなくずっと続いている。
なので、切ない別れの歌に共感しにくい部分はあるかもしれない。あと私本人が冷たい人間なのかもしれない。やだな。

以上を踏まえた上で。
問題の箇所だけ抜粋します。



☆最後に意地をはって別れを告げたのは
私から逃げるようにそんなあっけない終わり

→逃げるように、ってことは、意地はったわけじゃなくて本当に別れたかったのでは?
→恋人が逃げたくなるほど、主人公は問題のある人間だったのでは?
※少なくとも「あっけない終わり」なのだから、確実に愛想は尽かされていることが分かる



いきなり暗雲たちこめてますねー。
【主人公問題児説】浮上。
これ序盤ですよ。

次いきましょう。



☆雨降る空はいつも悲しい顔をしてる
長いこと傷つけあったふたりの時間みたい

→長いこと傷つけあったんなら、彼はきっとあなたに疲れて逃げるように去っていったんだよ……。



主人公が問題児であることに高度の蓋然性を見いだしてしまいました。

次。



☆お互いのためなんて別れても
ただただ寂しい自由

→彼にとっては間違いなく「お互い(というか自分)のため」だったのでは?寂しいのは主人公だけでは?
→寂しい自由?付き合ってる間は自由がなかったの?



いよいよヤバいですね。
【束縛系】の危険な香りがします。
というか、お互いのため、って別れを切り出したのはどっちだ。主人公か?恋人か?
文脈で恋人が(意地をはって?)別れを切り出したのかと思ってたんだけど、ここだと「お互いのために別れましょ」って意地張った主人公が言ったかのようにも見える。
場合によっては主人公に【妄想型捏造系】の属性も加わることになる。


※現在の主人公属性
・束縛系
・妄想型捏造系

次。



☆リメンバーリメンバーふと振り向けば
あなたがいる気がしてしまう
困ったように笑ったあの笑顔

→実際困ってたんだと思います



客観視は大事。
主人公は普段から問題行動が多かったようです。
恋人もきつく怒ることはためらわれたのか、あるいは言っても無駄だと諦めていたのか、煮え切らない笑顔を湛えていた模様。

笑顔でいれば大抵の面倒事はどうにかなるもんね。


次。



☆どんな時だってあなた優しくて
ダメな私をいつでも認めてくれた
あの日々がくれた居場所は今でも大切なまま

→優しい彼に甘えて依存してたんですか?



警報鳴りましたね。
きましたきました、【依存系】です。
「ダメな私だけど、あなたなら認めてくれるよね!認めてくれないなら私泣いちゃうんだから!(チラッ)」という場面が思い浮かぶようです。有無を言わせず認めさせてるわこれ。絶対。
私の過去の記憶には、そんなこと言ってる人ばっかストックされています。
彼が優しいというけど、そういう主人公の「認められなかった時の発狂モード」に触れたくなくてなんでもかんでも(表面上は)認めるようにしてただけじゃね?

んで、それに疲れて別れたんじゃね?



※現在の主人公の属性
・束縛系
・妄想型捏造系
・依存系





これくらいにしておきましょう。

ヤバいですね。
主人公、問題児すぎるわ。
少なくとも俺とは絶対うまくいかねーわ。

あんなキレイなメロディなのに、問題児すぎる主人公の独白歌詞のせいで、某匿名掲示板ばりに草生やしながら叩かざるを得ない。



くっそ………

知らなきゃよかったよ………