画力向上にエロ漫画がいいらしい

さあ!今日も描くよ!!

実は昨日7頁根性で終わらせたんだ。
だからあと6頁と表紙でかんせーい。


ところで今回はあんまり背景描けてなくて、トーンで誤魔化してるところばっかなんだけど、エロ漫画(特に濡れ場)ってそういうもんなのかな?と思ってネットサーフィンしてたんだ。

結論としては、やっぱり絡みに重点が置かれるから、濡れ場はトーンが多いよね。




で。

サーフィンの副産物で、「画力向上にエロ漫画がいいらしい」という情報をゲットした。



何かって、

・全身を描かなきゃいけない
・アングルを変えなきゃいけない
・絡みを描かなきゃいけない

あたりが、練習になるらしい。



なるほど。


確かに毎回苦労してるよ。
私は正常位(というか顔が見える体位)が好きなんだけど、どの角度ならきちんと挿入感が出るのかね!?とか、覆い被さってる時、お互いの胸の厚みからして顔(頭)の位置は!?とか、むしろケツどーなってんの?とか。

あまりに経験なさすぎて、実はアオリで見たときの玉や竿の位置もイマイチよくわかってないんだ。
自分の見るには姿勢的にもしんどいし。
ツレは恥ずかしがって見せてくれないし。

となると、ネット画像頼りになるわけだけど。
それをじーーーーーっと見ながら、人体の構造としてインプットして、漫画に落とし込んでいくんだ。
私の場合は、「股からだいたい指○本分のところに○○がある」みたいな捉え方をしています。



確かにこんなことばっかしてたら、ある程度の上達はするよなぁ。インプット量が多いから。
あとエロ描くのは楽しいし。




意外にエロ漫画が歯応えのあるメニューになってて面白かったので。つい記事にしちゃった。



振り返ってみれば、最初私は右向きの顔を描くのが精一杯だったんだよなぁ。
全身なんてもう、手足ヘロヘロで。骨折してて。

それがなんとかかんとかこうして漫画も描けるようになってきたわけだから、面白いもんだなぁって。



とゆーわけで(笑)

これからもエロ漫画は特に気合い入れていきます(笑)