マッチョ=ナルシスト?

トップビルダーの美ハムストリングの画像を求めて、ネットサーフィンしてたんだけども。


画像にリンクがあったからそのページに飛んでみたら、





「なんで日本人にはマッチョ好きが少ないのか」







みたいなスレッドが立っており、

その理由として、




「マッチョは気持ち悪い」

「ナルシストっぽい」





が、ずらっと並んでいた。

女性の意見だろうか。





ふーん、と思いながら見ていた。





「気持ち悪い」に関してはまあ好みの問題だろうから仕方ないとして、

「ナルシストっぽい」についてだけど。



個人的にはマッチョはナルシストであっても全然いいと思うよ。
私はマッチョが自分の筋肉にうっとりしてたり、見せびらかしたりしてきてもあまり気にならない。
むしろ、自分の身体を誇れるマッチョからは、

こんだけの身体を作るために、相当頑張ってきたんだなこの人!!

というのが伝わるんだよな。



誰だって、渾身の力作絵とかめちゃくちゃ大好きなうちのペットとかは大切にするし、自画自賛するし、他人にも自慢したくなるんじゃないの?


マッチョだって、大事に作り上げてきた身体だから、愛しいし、美しいと思うし、大切だし、他人に見せても遜色ないと思える。
それがナルシストとなるんなら、別にもうナルシストでもいいんじゃねーかな。




筋肉がつくまでにどんだけ時間がかかるか。

どんだけ苦しい筋トレを続けなければならないか。

どんだけシビアな食事コントロールをしなければならないか。




マッチョを目指してる私には、その片鱗が見えている。

腕がちょこっと太くなってニコニコしてる程度だけど、あのどぎついスロー腕立て伏せをどれだけ継続してこの太さになったと思ってんだ、と言いたくもなる。
鍛えられた肉体は、誇りであり、実績であり、自信だ。


筋肉を育てるには運動の他栄養の知識もいるし、筋肉を魅せるには脂肪を落とさなければならないから食事制限も必要だ。

太るのは簡単。食欲に任せて食ってればいい。
筋肉を落とすのは簡単。筋トレをやめればいい。
この二つはあっという間だから。

逆に、マッチョになるのは想像を絶する大変さだ。
なれるもんならなってみろというレベルで大変だ。
だからこそ、マッチョがその身体を愛し誇るのは自然なことじゃないのかと思うのだ。




だってほんとめちゃくちゃ大変なんだぜ?
筋肉育てるの。

女性も見事なプロポーションの方いるけど、マッチョがナルシストっぽいと言う人は、そういうスリムな女性に対しても同じように「ナルシスト」と言うのだろうか。






というわけで。



別にマッチョがナルシストで忌避されるようないわれはないんじゃないかと思うんだが。

まあ嗜好に合わないからマッチョを叩いてるというだけなら、これ以上言うことはないけどね。